FX-JIN 公式Webサイト

ちょこっとコラム

2011年10月28日号


こんにちは、FX-Jinです。

先日、職場で秋の味覚はなんだろうと話しており、
やっぱり秋刀魚が一番ではないかと思い、
無性に秋刀魚が食べたくなったFX-Jinです。

秋刀魚、梨、栗、そして熱燗が呑みたくなる時期になってきました。

寒い時期はホッコリと過ごしたいですね。

皆さんはいかがお過ごしですか。

————————————————–

◆遊びの中にある知恵◆

————————————————–

古今東西、様々な知恵あれど、
やはり先人たちが築き上げた
知恵に勝るものは無いと思います。

それは生活や人生、言葉や物など、
多岐にわたって知恵は存在しています。

その知恵を使い、生活を豊かにして
充実あるものにしていました。

この知恵というのはアナログ的な存在であり、
誰にでも出来るものでした。

しかし、世の中が豊かになるにつれ、
先人たちが残した知恵は、
現代人の心から薄れているように感じられます。

外で遊ぶ子供たちも、
今では公園のベンチやブランコに座り、
ゲーム機片手に画面と睨めっこ。

隣に友達が座っているのに、
画面に向かって友だちと話をしている、
そんな光景になんだか物寂しさを感じます。

ひと昔前だったら、鬼ごっこしたり、
砂場で山を作ってトンネルを掘ったり、
ヒーローごっこをしたりと、
思い起こせば色んな遊びをしていました。

今みたいに何でも揃っている時代ではありませんでしたが、
自分たちで知恵を振り絞って遊び道具を作っては
遊んでいたことを思い出します。

遊びの中にある知恵というのは、
子供の発想力やコニュニケーション能力を
高めるためにあるのかもしれませんね。

———————————————————-

◆学問の中にある知恵◆

———————————————————-

学問における知恵というのは、
先人の知識や発見、そして過去の経験を踏まえた
ものが多くみられます。

特に数学は、多くの数学者達が
発見した公式や理論が詰まった、
まさに知恵の集大成といえるかもしれません。

その中に、フィボナッチという数学者がいます。
彼はイタリアの数学者で、FXをやられているあなたなら
一度は聞いたことのある名前だと思います。

そうです、イタリアの数学者フィボナッチは、
テクニカル分析の一種でもある
【フィボナッチリトレースメント】の
フィボナッチなのです。

彼の考え出したフィボナッチ数列とは、
【1:1.618】の黄金比で、
これは自然界での生成発展の法則を表しています。

その黄金比を導き出すときに用いられるのが、
フィボナッチ数列なのです。

▼フィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)
http://www.fxtsys.com/tech20.html

この黄金比は、自然界の植物やギリシャのパルテノン神殿、
エジプトのピラミッドにも多くみられます。

また、私たちが仕事の時に使う名刺も黄金比で出来ています。

無意識に美しいと感じたり、
違和感のないバランスに
見えてしまうのが、黄金比だそうです。

———————————————————-

◆FXの中にある知恵◆

———————————————————-

テクニカル分析で用いられる
フィボナッチリトレースメントの数値は、
38.2%、50%、61.8%です。

強いトレンド時には38.2%前後の戻りにとどまり、
弱いトレンドの場合は
半値戻し50%前後又は61.8%前後まで戻ります。

具体的には、相場の押しや戻りの目標値を算出する方法です。

私がトレードするときは、このフィボナッチを
取り入れているわけではないのですが、
フィボナッチを利用して
利益を上げているトレーダーがいるのも事実です。

まさか、FXをやる上で
先人の残した知恵が役立っているとは、恐れ入ります。

独自の手法を生み出しても、
やはりそこには先人の知恵が
あってこその発想なのかもしれませんね。

私たちの生活環境(社会、学問、遊び、etc…)にある
“基礎”というものは、
積み重なった知恵の集大成といえるのでしょう。

その集大成をさらに豊かなものにするために、
今生きている私たちも、
後世の人たちが役立てるような
”知恵の種”を残していきたいものですね。

それでは皆さん、素敵な週末をお過ごし下さい。

FX-Jin

2011年10月28日

カテゴリー:2011年10月

2011年10月21日号


こんにちは、FX-Jinです。

いきなり寒くなり、最近では
厚手の上着が手放せないFX-Jinです。

いかがお過ごしですか。

本日、10月21日は【あかりの日】となっているそうです。

かの発明家トーマス・エジソンが
日本の京都産の竹を使って
白熱電球を完成させた日だそうです。

彼の後世に残した言葉にこんな言葉があります。

“なぜ成功しない人がいるかというと、それは考える努力をしないからだ”

胸に突き刺さる言葉です。

現代の教育や社会生活において、
我々は無駄や紛らわしさ、
そして手間というものを排除している傾向にあります。

その中にはやはり、『考える』という
行為も含まれているのかもしれません。

考えると疲れる。
考えても仕方がない。
考えたところでなにも変わりはしない。

よくよく考えれば、
何だか耳にすることが多い言葉のように感じます。

実際に今わたしは、“よくよく考えて”、
上記に述べた3つの言葉を
頭の隅から引っ張り出してきました。

考えないと分からないことや、
思いつかないことがたくさんあるように感じます。

先達の言うことは、私たちの背中を
時に力強く叩いてくれることがあります。

エジソンさん、ありがとう。

————————————–

◆考えるということ◆

————————————–

先にも述べたように、現代では“考える”という行為が、
何だか軽薄に扱われているように感じる瞬間があります。

色んな事を考えたりするのは、
確かに大変かもしれません。

しかし、考えなければいけないのです。
生き抜くためにも、勝ち取るためにも。

さて、今回は考えるという観点から、
FX投資について“考えて”いきましょう。

————————————–

◆考えることの大切さ◆

————————————–

FX投資をやる上で必要不可欠なこと。

それは、“考え続けること”です。

そして、“何を考え続ける”か。

それは、“利益を上げるためにはどうするか”です。

・・・今、
私FX-Jinが言ったことがごく当たり前の事じゃないかと思った方が

大多数いるかもしれません。

しかし、これはとても大切なことなんです。

我々は、極々当たり前なことを忘れがち、
もしくは意識しないものなのです。

例えば、いつも一緒にいる家族や
長く付き合っている恋人に
感謝の言葉を伝える人は少ないと思います。

私は家族に対して感謝の気持ちを
常に言葉にする様に意識しています。

「ありがとう」や「好きだよ」の言葉は、
短い言葉ではありますが、
とても意味のある言葉なのです。

常に考えるということを
意識して生活することが大切です。

FX投資をやるにしても、
常に意識して、考え続けなければなりません。

たまたま勝てたからといって、
「次も勝てるだろう」と、
安易な気持ちでトレードしてしまうと、
思いがけないところで大損をしてしまう事もあります。

大切なことは「勝った、負けた」という
結果論ではありません。

「結果」には必ず「原因」があります。

なぜ、そのトレードでは勝てたのか?
なぜ、そのトレードでは負けたのか?

それぞれの原因はどこにあったのかを
必ず考えるようにしましょう。

それを繰り返すことで、利益が安定するトレードが、
きっと当たり前になってくるはずです。

冒頭でお話したエジソンも失敗と成功を繰り返し、
その原因を考えて、「仮説」と「検証」を繰り返してきました。

その結果、偉大な発明へとつながったのです。

一時的に勝つだけではなく、
勝ち続けるためには“考える”。

FXでも、これを常に意識してトレードしていきましょう。

それでは皆さん、素敵な週末をお過ごし下さい。

FX-Jin

2011年10月24日

カテゴリー:2011年10月

2011年10月14日号


こんにちは、FX-Jinです。

残暑厳しい9月も終わり、
肌を撫でる風が心地よい10月、
いかがお過ごしですか。

10月に入り夏の面影も薄れ、
秋も深まりつつあります。

職場へ向かう途中、
実った栗が道端に転がっていたり、
金木犀の甘い香りが気持ちに少し余裕を持たせてくれます。

激しくギラギラした夏と違い、
秋は落ち着きとゆとりのある時期ではないでしょうか。

テラスのあるカフェで美味しいコーヒーでひと息つくのもよし。

スポーツウェアに身を包み、一汗かくのもよし。

いつもの散歩道に咲く花々や紅く染め始めた木々を見に行くのもよし。

自宅にこもらず、アウトドアで秋を楽しむのも乙だと思います。

————————————–

◆秋の風が運んだ知らせ◆

————————————–

10月に入り、世界は偉大な人物を失いました。
米アップル社の共同創業者のスティーブ・ジョブズ会長です。

彼は若くして巨万の富を手に入れ、
私たちの生活環境に大きな影響を与えました。

また、彼のビジネスモデルは、
多くの経営者やビジネスワーカー達に刺激を与えました。
特に有名なのは彼のプレゼンテーションです。

iPhoneの製品発表の際、
彼は誰にでも分かるような話術と表現方法で
商品の魅力を会場の来場者に伝えました。

専門用語は一切使わず、
誰が聞いても楽しめるような説明内容に
堅苦しさを感じることはありませんでした。

————————————–

◆スティーブ・ジョブズ氏から学ぶこと◆

————————————–

スティーブ・ジョブズ氏のように、
物事に対して柔軟な思考と広い見聞を持ち、
常に初心を忘れることなく取り組むことが成功への鍵なのかもしれません。

大きいな成功を手に入れたスティーブ・ジョブズですが、
彼の人生はいつも最高のものではありませんでした。

彼は過去に米アップル社を解雇されているのです。

後に彼はその時の事を、
『人生の焦点だったものが消え、絶望し、途方に暮れた』と語っています。

しかし彼は、それだけの大きな挫折を味わったにも関わらず、
仕事に対する愛情やハングリー精神を忘れずに前に進んだのです。

解雇後、新しい会社NeXT社とPixar社を立ち上げ返り咲いたのです。

そして再び、米アップル社に復帰しました。

【待てば海路の日和あり】という諺がありますが、
スティーブ・ジョブズはいつ掴めるか分からない“チャンス”を待つのではなく、
自分自身の力で作り上げ“チャンス”を掴んだのです。

大きな荒波を乗り越えれば、
行き着く先には必ず幸せが待っています。

————————————–

◆人生を楽しく笑って過ごす◆

————————————–

FXをやっている方は分かるかもしれませんが、
FXと人の生き方って似ていると思いませんか?

チャートを見るとわかるように、
トレンドの上がり下がりは、
人の人生の浮き沈みの様に日々変動しています。

機嫌の良い時もあれば悪い時もあります。
突然起こる出来事がきっかけで、
良い方に傾いたり、悪い方に傾いたりと、
その時の皆様の立ち居振る舞いや、
機転の利かせ方で大きく変わります。

ですが、人は誰しも悪い方に傾きたいと故意に思う人はいません。
どうせなら、良い方に物事が進んで欲しいと思います。

そのためにも、
日々の生活を楽しく笑って過ごせるように、
そう過ごせるための努力が必要となってくるのです。

FXや投資を行う際にも、
日々の変動をきちんと理解して、
資金管理や相場の確認を行うことが大切です。

例えば、勘でエントリーしてみたり、
ポジションをほったらかしにしたり、
資金量に対して無理なロット数でエントリーしたり、
損切りを行わず、戻るのを祈ってみたり。。。

こんなトレードをしていると、
どんどん悪い結果へ進んでいってしまいます。

そうならないためにも、
チャートの日々の動きやトレードのタイミングを
見落とさないようにしないといけません。

どこに“チャンス”があるか、
それを見極めるのもFXや投資をやる際に必要なスキルだと思います。

“チャンス”は待つのではなく、
スティーブ・ジョブズのように、
自分から“チャンス”を掴むことが出来れば、
日々の生活を今よりも楽しく笑って過ごすことが出来ます。

それでは皆さん、よい週末をお過ごし下さい。

FX-Jin

2011年10月14日

カテゴリー:2011年10月

2011年10月07日号


こんにちは、FX-Jinです。

つい先ほど、学生時代のことを振り返っていたので、
そのことについて書いていこうと思います。

私は、学生時代に
いくつかのスポーツを経験してきました。

それは野球、陸上、
バレー、サッカーの4つです。

————————————–

◆どのスポーツにも共通していたこと◆

————————————–

私は上の4つのスポーツを経験しましたが、
人並みのスポーツ神経しか
持ち合わせていなかったので、
最初からすごく上手ということは
もちろんありませんでした。

スポーツというのは不思議なもので、
「絶対にこんなことできない」
と思えるようなプレーでも、
練習を繰り返すことで、
いつの間にかできるように
なったりしますよね。

ですが、練習中の「先が見えない期間」
というのは、とても辛いものです。

俗に言う「スランプ」というやつですね。

もう、いっそやめてしまいたくなるくらいです。

ですが、この辛い期間、
自分を信じた人だけが
次のステージに進みます。

周りの人を見ていても、
スランプを抜けて、
強くなれた人はとても魅力的でした。

それは、FXであっても同じことが言えます。

もちろん私も、FXでのスランプを経験しています。

私はFXを始めてから
3年間はまったく勝てませんでした。

FXの場合、最初にたまたま勝てる人もいれば
最初からまったく勝てないと悩む人もいます。

いずれにせよ、ある程度の
期間トレードをしていると、
安定的に継続して勝てる人と
勝てない人の違いが見えてきました。

————————————–

◆最初はわからなかった『タイミング』◆

————————————–

私は最初に野球をやっていて、
次に陸上、そしてバレーを経験して、
最後にサッカーをやりました。

サッカーでは、
今まで足でボールを扱うことが
なかったので苦戦しました。

走りながらボールを蹴る
タイミングが掴めませんでしたから、
ドリブルからのシュートというのが
すごく難しかったのを覚えています。

ですが、徐々に練習を繰り返すことで
蹴るタイミングが合ってきました。

これもFXに置き換えてみると、
エントリータイミングと決済タイミングが
わからないみたいなものです。

FXを始めた数年間、
私はこの「タイミング」に苦しめられました。

少しの利益でも決済してしまったり、
含み損を抱えても、いつか相場が
戻ってくるという気持ちで、損切りを遅らせたりしていました。

確かに、ほとんどの相場が
元の位置まで戻ってくるのですが、
たまに戻ってこない時があり、
そのときほど相場が大きく乖離していくので、
今まで稼いだ利益を
全て失うほどの損失も出したことがあります。

今では経験を積むことで
エントリーと決済のタイミングが
わかるようになりましたが、
当時では考えられませんでした。

————————————–

◆スランプを越えてからの自信◆

————————————–

私は野球・陸上・バレーでも
スランプを経験しました。

ですが、それを克服してからは
以前とは比べ物にならないくらい
自分に自信が持てるようになりました。

自信が持てるようになってからの上達は早かったです。

練習するのが楽しくなりますし、
試合でも実力を発揮できることが
楽しみになっていました。

トレードでも
スランプを乗り越えてからの
上達はあっという間でした。

いつでも相場から利益を抜き取れる自信がつき、
そして相場から利益を抜き取る度に
またさらに自信がつくんですね。

————————————–

◆勝ち癖がついてからが楽しい◆

————————————–

私は野球を4年間、陸上を3年間、バレーを3年間、
そしてサッカーをわずか1ヶ月やりました。
FXは8年間です。

この期間を見てわかると思いますが、
サッカーはほとんど
スランプとか感じる前にやめているので
上達するほどではなかったです。

ただ野球や陸上、
バレーは割と長く続けたので、
スランプも感じましたし、
それを乗り越えてからの
楽しさも経験しています。

そして、一番長く続けているFXに関しては
最初は目も当てられないくらい
悲惨な状況だったんですが、
今では勝てるし、楽しいし、稼げるし、
という状況にまでなっています。

少し嫌味に聞こえてしまうかもしれませんが、
【長く続けたからこそ良い結果がある】
ということをお伝えしたいのです。

これまでのスポーツ経験と照らし合わせても
長く続ければ続けるほど、
その分野の高みに近づけるということが
真理なのは間違いありません。

今スランプを感じている人、
または、スランプは感じていないけど
まだ稼げるようにはなっていない人。

継続することにこそ意味があります。
諦めずに続けていけば、
その先には、常勝トレーダーへの道があるはずです。

あなたが常勝トレーダーとして
活躍する日を楽しみにしています。

FX-Jin

2011年10月7日

カテゴリー:2011年10月

プロフィール

FX-JIN

こんにちは。プロトレーダーのFX-Jinと申します。

FXのスキャルピングで生計をたてているプロトレーダーです。

株トレードを3年、FXトレードを8年、合計11年間の投資経験があります。

FX口座にある400万円ほどを、毎月倍にして利益を得ています。

年間では3000万~4000万円の利益を上げています。

詳しいプロフィールはこちらから

コラムバックナンバー

【2014/11/20 重要なお知らせ】

現在、弊社の配信システムにて配信されるメールがエキサイトメール(●●●●@excite.co.jp)の場合
正常に届かないという不具合が発生しております。


そのため、エキサイトメールをご利用の方は今後、更新のお知らせやセミナーのお知らせなど、
重要なメールが一切届かない可能性もございます。


引き続き弊社からのメールを受信するためにはお手数をお掛けしますが、エキサイトメール以外へ
アドレスの変更をお願い致します。


下記より、メールアドレスの変更申請を行うことが出来ます。

http://forms.mail-box.ne.jp/cross/adress_change/

新規でメールアドレス取得が必要な方は
下記よりフリーメールアドレスを取得してください。


▼Yahooメール
http://promo.mail.yahoo.co.jp/


▼Gメール
https://accounts.google.com/SignUp



下記はフリーメール取得の
マニュアルサイトとなっております。
どうぞ、ご参考ください。


▼Yahooメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2090.html


▼Gメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2150.html



ご不明点や、疑問点がございましたら、いつでも下記までご連絡ください。

(※件名に「エキサイトメールの変更に関して」とお書きください)
info@fx-jin.jp