こんにちは、FX-Jinです。
今回のコラムでは、FX-Jinが
儲けられるようになったキッカケをお話しましょう。

私が最初に勝てるキッカケになった手法は、
『ブレイクアウト手法』でした。
ブレイクアウト手法とは、
大きな値動きがあるポンド円やポンドドルを利用して、
抵抗帯(サポートラインやレジスタンスライン)を
抜けたところでエントリーする手法のことです。

—————————————————————————-

◆しかし、この一つの手法だけで勝てるわけではなく・・・◆

—————————————————————————-

FXで利益を出すために最も大切なこと。
それは、

『 トレードはトータルで考えるもの。一喜一憂してはいけない 』ということです。

私は当時、毎日毎日相場を眺め、トレードをしていると、
その月の損益がプラスになるか
マイナスになるかが非常に気になっていたのです。

年間トータルで見るとブレイクアウト手法でもプラスになりましたが、
負けている月もあるため、その月には非常に落ち込みました。

正直な話、毎月、毎日のトレードで勝ちたいです。
頭では、相場での利益はトータルで考えるべきものと理解はしていても、
やっぱり負けトレードは落ち込みます。
どんなに言い聞かされたとしても、
人間というのは考え方を一朝一夕で変えられるものではありません。

そこで私は、

『勝てるロジックを複数利用すれば良いのではないか?』
そう思ったのです。

—————————————————————————-

◆複数の勝てるロジックを利用することで・・・◆

—————————————————————————-

この方法は大正解でした。
私はこの方法を使うことで毎日のトレードの損益を
プラスで終わらせることができたので、
毎日トレードをするのが楽しくなってきたのです。

では、具体的に

『ひとつのロジックでトレードする場合』
『複数のロジックでトレードする場合』
この2つにはどのような違いがあるのか?

◆ひとつのロジックでトレードする場合◆

・ポンド系通貨ペアのブレイクアウト手法だけで利益を狙っていた。

【結果】
↓↓↓↓↓
相場状況がロジックに合っている状況では利益を上げられるものの、
レンジ状態が続いた月などは損切りが多かった。

◆複数のロジックでトレードする場合◆

・資金を分割して、複数のロジックでエントリーするようにした。

たとえば、0.3ロットをブレイクアウトに、0.4ロットを他の順張りの手法に、
そして残りの0.3ロットを逆張りの手法にという感じで、
ロットを分けてエントリーするようにしたんです。

【結果】
↓↓↓↓↓
複数のロジックでトレードした場合、ブレイクアウトでは損切りでも、
順張り手法では利益となったりして、毎日トータルでは勝てるようになった。
さらに、慣れてきたところで時間足も分散させることで、
リスクヘッジ効果が高まって、利益率もさらにUP。

これによって、毎日安定的に儲けられるようになったのです。

私はこれまで、
「恋スキャFX」や「FX革命」など、勝てるロジックを公開してきました。
今後も有益なロジックはどんどん公開していくつもりでいます。

あなたも一緒に複数ロジックで武装して、
トレードスキルをアップさせ、
自由なお金と時間をつかんでいきましょう。

今後も定期的にFXの情報を配信いたします。
楽しみにしていてくださいね。

FX-Jin

2011年07月22日