こんにちは、FX-Jinです。

残暑厳しい9月も終わり、
肌を撫でる風が心地よい10月、
いかがお過ごしですか。

10月に入り夏の面影も薄れ、
秋も深まりつつあります。

職場へ向かう途中、
実った栗が道端に転がっていたり、
金木犀の甘い香りが気持ちに少し余裕を持たせてくれます。

激しくギラギラした夏と違い、
秋は落ち着きとゆとりのある時期ではないでしょうか。

テラスのあるカフェで美味しいコーヒーでひと息つくのもよし。

スポーツウェアに身を包み、一汗かくのもよし。

いつもの散歩道に咲く花々や紅く染め始めた木々を見に行くのもよし。

自宅にこもらず、アウトドアで秋を楽しむのも乙だと思います。

————————————–

◆秋の風が運んだ知らせ◆

————————————–

10月に入り、世界は偉大な人物を失いました。
米アップル社の共同創業者のスティーブ・ジョブズ会長です。

彼は若くして巨万の富を手に入れ、
私たちの生活環境に大きな影響を与えました。

また、彼のビジネスモデルは、
多くの経営者やビジネスワーカー達に刺激を与えました。
特に有名なのは彼のプレゼンテーションです。

iPhoneの製品発表の際、
彼は誰にでも分かるような話術と表現方法で
商品の魅力を会場の来場者に伝えました。

専門用語は一切使わず、
誰が聞いても楽しめるような説明内容に
堅苦しさを感じることはありませんでした。

————————————–

◆スティーブ・ジョブズ氏から学ぶこと◆

————————————–

スティーブ・ジョブズ氏のように、
物事に対して柔軟な思考と広い見聞を持ち、
常に初心を忘れることなく取り組むことが成功への鍵なのかもしれません。

大きいな成功を手に入れたスティーブ・ジョブズですが、
彼の人生はいつも最高のものではありませんでした。

彼は過去に米アップル社を解雇されているのです。

後に彼はその時の事を、
『人生の焦点だったものが消え、絶望し、途方に暮れた』と語っています。

しかし彼は、それだけの大きな挫折を味わったにも関わらず、
仕事に対する愛情やハングリー精神を忘れずに前に進んだのです。

解雇後、新しい会社NeXT社とPixar社を立ち上げ返り咲いたのです。

そして再び、米アップル社に復帰しました。

【待てば海路の日和あり】という諺がありますが、
スティーブ・ジョブズはいつ掴めるか分からない“チャンス”を待つのではなく、
自分自身の力で作り上げ“チャンス”を掴んだのです。

大きな荒波を乗り越えれば、
行き着く先には必ず幸せが待っています。

————————————–

◆人生を楽しく笑って過ごす◆

————————————–

FXをやっている方は分かるかもしれませんが、
FXと人の生き方って似ていると思いませんか?

チャートを見るとわかるように、
トレンドの上がり下がりは、
人の人生の浮き沈みの様に日々変動しています。

機嫌の良い時もあれば悪い時もあります。
突然起こる出来事がきっかけで、
良い方に傾いたり、悪い方に傾いたりと、
その時の皆様の立ち居振る舞いや、
機転の利かせ方で大きく変わります。

ですが、人は誰しも悪い方に傾きたいと故意に思う人はいません。
どうせなら、良い方に物事が進んで欲しいと思います。

そのためにも、
日々の生活を楽しく笑って過ごせるように、
そう過ごせるための努力が必要となってくるのです。

FXや投資を行う際にも、
日々の変動をきちんと理解して、
資金管理や相場の確認を行うことが大切です。

例えば、勘でエントリーしてみたり、
ポジションをほったらかしにしたり、
資金量に対して無理なロット数でエントリーしたり、
損切りを行わず、戻るのを祈ってみたり。。。

こんなトレードをしていると、
どんどん悪い結果へ進んでいってしまいます。

そうならないためにも、
チャートの日々の動きやトレードのタイミングを
見落とさないようにしないといけません。

どこに“チャンス”があるか、
それを見極めるのもFXや投資をやる際に必要なスキルだと思います。

“チャンス”は待つのではなく、
スティーブ・ジョブズのように、
自分から“チャンス”を掴むことが出来れば、
日々の生活を今よりも楽しく笑って過ごすことが出来ます。

それでは皆さん、よい週末をお過ごし下さい。

FX-Jin

2011年10月14日