こんにちは、FX-Jinです。

11月に入り大学では文化祭のシーズンですね。
よく行くカフェの近くにも大学があるのですが、
学生たちが元気よく文化祭の準備をしていました。

学生たちの元気な姿を見ると、何だか元気をもらえますね。

————————————————–

◆FX-Jinマカオへ行く◆

————————————————–

先日、わたくしFX-Jinは
出張でマカオへ行ってきました。

中華人民共和国澳門特別行政区、通称マカオは、
世界でも有数の文化遺産の保有国であり、観光地でもあります。

また、カジノでも有名なマカオは、
『東洋のラスベガス』とも言われています。

東南アジア、東アジアから多くの観光客がマカオへ集まり、
歴史的建造物やカジノなどが観光産業の要となり、
とても活気のある場所です。

そして今回わたくしFX-Jinは、
行ってきました、、、

カジノへ。

————————————————–

◆FX-Jinカジノへ行く◆

————————————————–

実はわたくしFX-Jinはよくカジノへ行きます。

特にルーレットでは、ほぼ負けたことはありません。

ルーレットの赤、黒、赤、黒・・・。
これは、レンジ相場ですね。

赤、赤、赤、赤・・・・。
これはトレンドですね。

マーチンゲールでも賭けますし。
トレンドフォローもやります。

こんなところでも
トレードスキルが役に立っています。

さて、カジノというと、
日本ではダークなイメージですけど、
ここマカオでは違います。

マカオでは、カジノの収益から多くの税金が発生し、
その税金でマカオの居住民は
個人的な税金を払う必要がないそうです。

学費も医療も福祉も無料に近いそうです。

だからか、カジノで働く人は非常に誇らしげです。
自分たちがマカオの福祉を
支えているという実感もあるようです。

————————————————–

◆マカオのカジノで思うこと◆

————————————————–

日本は製造業が強い国です。
職人気質で実直・真面目・誠実といった、
精神論の強い国です。

汗水たらして
一生懸命働くことを重んじています。

そのためか、投資や
トレードのようなものを重視しません。

でも、投資というものが生活を豊かにし、
しかも金融を動かしている
一つの大切な職業だと感じて欲しいのです。

投資をやるにあたって、
お金を稼ぐ土壌や思考は、
決して悪ではありません。

むしろ、投資も職人気質で
実直・真面目・誠実に取り組まなければ
利益を上げることは難しいです。

マカオのカジノでは、
稼いだお金の中から世の中の福祉や教育に
大きく貢献しています。

わたくしFX-Jinも、投資教育の普及から金融の分野に貢献し、
いずれは関わる会員さまみんなで稼ぐお金が、
大きく世の中に役立つ仕組みを作っていきたいです。

それでは皆さま素敵な休日をお過ごしください。

FX-Jin

2011年11月07日