こんにちは、FX-Jinです。

昨日より12月。
師走の月へと変わりました。

秋の色めいた季節も知らない間に過ぎてしまい、
風景は冬の色へと変化していますね。

そういえば先日、
自宅近くに石焼き芋を売っている車が通りました。

子供の頃、
両親にどうしても食べたいと
駄々をこねた事を思い出しました。

季節を感じて幼少の頃の
想いに馳せる。

考えると、
自分も着実に歳を重ねているんだなと
感じる秋の終わりでした。

——————————————–

◆時間・場所・そしてパソコン1台◆

——————————————–

先日、私は北海道にいました。

専業トレーダーである私にとって、
職場とは私がいるその場所であり、
就労時間はトレードをしているその時間なのです。

FXが日本に入って来て、
13年しか経っていません。

FXというのは、
まだまだ若い存在なのです。

しかし、FXが日本で産声をあげた時代というのは、
とても環境が整っている時代だといえます。

情報化社会真っただ中に現れたFXは、
パソコン一つでやり取りが出来るとても
優れた金融商品だったのです。

また、FXは学歴・職歴は関係なくやり始めることが
出来るものです。

そのためFX初心者でも、
知識とスキルさえ身に付ければ誰でも取り組む
事ができます。

また、知識とスキルさえ身に付ければ、
一生ものとなります。

時間も平日24時間の取引可能で、
場所もパソコンさえあれば何処でも
取引可能です。

だから私は毎日パソコンを持ち歩いています。

今回、北海道に行く際にも必需品として
持参しました。

——————————————–

◆知識とスキルは一生もの◆

——————————————–

時間・場所を選ばず、
パソコン1台あればできる金融商品“FX”。

前述で述べたように、
FXは知識とスキルを身に付ければ一生ものです。

そして、FXは通貨のやり取りです。

通貨ということは、余程のことがない限り、
この世から消えることはありません。

企業株は会社が倒産してしまえば
今まであった価値が0になってしまいます。

リスク管理も他の金融商品と比べると、
個人で自己管理出来るのも強みだと思います。

個人の資産なので、
やはり自己管理出来る金融商品の方が、
リスクは少ないと思います。

不安といえば、
老後のための貯蓄や年金といった保障もそうです。

サラリーマンをやっていても、
退職するまでに貰える給料の額は大まかな
見通しはできます。

それをもとに家や車を購入します。

子供がいれば教育ローンも考えなければなりません。

そうなってくると、やはり想定外で必要に
なってくるお金が発生します。

いざという時の蓄えは、
想定内の範囲では事足りるかもしれませんが、
想定外の事が起こった時が大変です。

そうならないためにも、
サラリー以外で資産を増やす方法として
FXは最適だと考えています。

一度身に付いてしまえば、
それは一生の知識とスキルになります。

定年退職後でも、自宅で空いた時間に
トレードすることができます。

時間も場所も選ばず、
パソコン一台あれば出来ることなんです。

長期的な視野で、
コツコツと貯めていけば、
それは大きな積立となります。

そして結果として経済的自由を手に入れる
事が可能になるはずです。

12月に入り、寒さが一段と厳しく
なりました。

風邪を引かないように、
お身体に気を付けて週末をお過ごし下さい。

それではまた来週の金曜日にお会い致しましょう。

FX-Jin

2011年12月02日