FX-JIN 公式Webサイト

ちょこっとコラム

2012年5月25日号


こんにちは、FX-Jinです。

先週は香港づけの毎日でした。

打ち合わせもあったのですが、
ホテルでパソコンに向かう時間も
あったので、空いた時間はチャートを
眺めてトレードしていました。

ホテルでの作業はとても快適です。

リラックスしてやることで、
気持ちに余裕をもってトレードすることが
できますよ。

環境を変えてトレードしてみるのも
オススメです。

————————————————–

■イメージはあくまでもイメージ■

————————————————–

私は若い頃から海外へよく旅行に行ってました。
友達と行ったり、時には一人旅もありました。

私の書籍を読んでくださった方はご存知かもしれませんね。

・FX-Jinの人生大逆転 あなたにもできるFX成功術
→ http://s-url.bex.jp/vzcq

そして海外へ行くたび思うことは、
イメージというのは往々にして“ズレ”が
あるということです。

例えば、中国に対するイメージですが、

・自己主張が強い国

・利己主義

・反日感情が強い

こんなことをよく耳にします。

けれども、実際はそうとも限りません。
中国は広く、すべての人をひとくくりに考えることもできません。

先日、私は香港から近い新セン市という所に
行きました。

そこで初めて出会った現地の方は、
前述したイメージとは全くかけ離れていました。

ご自宅へうかがわせていただいたのですが、
最初から最後まで本当に良くしてくださいました。

また、日本に対するイメージも
悪い印象は持っていませんでした。

むしろ、日本に対して好印象で友好的な考えを持った
人が多いんですよね。

人から聞いた噂や、不確かな情報には、
多かれ少なかれ真実とは違った情報があります。

それに振り回されないように、
自分で見て・聞いて・体験することで、
一番確かな情報を得ることが出来ると
思います。

投資のノウハウも、どれもこれも全てが
正しいとは限りません。

だから私は、皆さんへ投資に関する
有益な情報をお届けするときには、
実際に私が見て・聞いて・体験して、
これは有益だと確信が持てたものしか
お届けしていません。

海外にいくと、普段考えないことだったり、
気づかないことに気づかされたりして、
すごく勉強になる時があります。

————————————————–

■イメージにとらわれず、他の投資にも目を向ける■

————————————————–

本質を知るためには、
実際に自分自身で体験することです。

食わず嫌いのままではもったいないです。

私が過去に株をやっていたことや、
ブックメーカー投資を現在やっているのは、
どの投資にもメリットがあると知っているからです。

利益率が低くても、損失がなくて勝率100%であれば、
分散投資の一つの手段としてブックメーカー投資をやります。

なんでもメリット・デメリットがあるので、
互いが補填しあえるように分散運用していけば
効率の良い運用ができます。

FXだけを専業でやっていくのもいいですが、
他の投資に目を向けてみるのもいいかもしれません。

————————————————–

■本日の「〆」■

————————————————–

5月最後のコラムですが、
間もなく2012年も半分が終わります。

早いですね。
今後の予定もたくさん詰まっているので、
あと半年もあっという間に過ぎそうです。

それでは本日はこの辺で失礼します。
お仕事の方もお休みの方も、
楽しい休日をお過ごしくださいね。

FX-Jin

2012年5月25日

カテゴリー:2012年5月

2012年5月18日号


こんにちは、FX-Jinです。

私は今、香港に来ています。

毎回訪れて思うことですが、
やっぱり香港は活気があって楽しいです。

また、経済的な豊かさや個人の金融や投資の知識レベルは、
日本よりもはるかに上です。

これは、毎回訪れる度に思うことです。

やはり、日本の学校教育のカリキュラムにも
経済・投資・金融を取り入れたほうが良いと、
あらためて感じました。

————————————————–

■有益な情報を手に入れるためには■

————————————————–

突然ですが、皆さんは何か
メルマガを講読していますか??

私が配信しているメルマガでもいいですし、
居酒屋やファッションブランドが配信しているメルマガなど、
一度はメルマガを講読したことがあると思います。

意識して考えてみると、
けっこう色んな所でメルマガは
配信されているんですよね。

メルマガの用途は様々です。

例えば・・・

・メルマガ会員限定サービス

・メルマガ会員限定お知らせ

・先行情報公開

と、メルマガはとても特別感のあるツールです。

メルマガ会員さんなら誰よりも先に情報を手に入れることができるし、
時には思いがけないサービスを受けることもあると思います。

実際、私も信頼しているトレーダーさんのメルマガや
ネットショップのメルマガを講読していますが、
メルマガ会員限定のサービスを受ける時があります。

会員限定のセールだったり、
特典だったりと、有益な情報が満載です。

このように特別扱いをしてもらえると
メルマガ会員で良かったなと、
思う瞬間でもありますね。

————————————————–

■メルマガは有益な情報の“カタマリ”■

————————————————–

私自身もメルマガを購読して思うことですが、
メルマガは有益な情報の“カタマリ”です。

誰よりも先に情報を手に入れることができるし、
思いがけないサービスを受けることができたりと、
嬉しいことばかりです。

最初は無料のメルマガを読んでいましたが、
やはりさらに欲しいと思う情報は購読料が
必要だったりします。

多少の購読料は必要ですが、
それ以上の有益な情報を受け取ることができます。

そして投資家としての性なのか、
「投資金以上のリターンがあれば、購読料は厭わない」
という考え方をしています。

購読料が必要であろうと、なかろうと、
信頼の置けるメルマガに書かれてある情報は有益なものです。

どちらで満足するかは人それぞれかもしれませんが、
より良い情報や、質の高いリターンを手に入れられるのであれば、
購読料がかかっても私はそちらのメルマガを取ります。

むしろ、プラスになって自分の下に帰ってきます。

有益な情報の“カタマリ”を選別することも、
投資家として必要なスキルだと私は思っています。

————————————————–

■最後に■

————————————————–

日本人は、“情報”というものに対して、
価値を見出すことがまだまだ苦手な民族だと思います。

ですが、海外に目を向ければ、情報にお金を支払うというのは
特別なことではありません。

“情報”もお金を生み出す一つと考えているからです。

情報は形がないものですが、
とても価値のあるものなんです。

自分で言うのもおこがましいですが、
私が毎日配信している有料メルマガも、
価値があるものだと思っているからこそ配信していますし、
会員さんも8~9割の方が続けてくださっています。

メルマガ配信を続けている知人に聞いたところ、
一般的なメルマガの継続率は6割程度なんだそうです。

会員さんにとって有益な情報を
常に届けようと努めています。

毎日送るって結構大変な作業ですが、
私のメルマガを楽しみに待っている人や、
私も届けたいと思う気持ちがいっぱいなので、
これからも会員さんには有益な情報をお届けします。

それでは、本日はこの辺で失礼します。

お仕事の人も、お休みの人も、
有意義な週末をお過ごしください。

FX-Jin

2012年5月18日

カテゴリー:2012年5月

2012年5月11日号


こんにちは、FX-Jinです。

季節はいよいよ夏にむかっていますね。

これからの時期、キンキンに冷えたビールが
うまいと感じる時期です。

もちろんつまみは枝豆ですね。

でも、呑みすぎには気を付けましょう。

————————————————–

■“勤勉さ”と“器用さ”を持った日本人■

————————————————–

以前、日本人には投資の知識が希薄だという話をしました。
そのことについてもう少し突っ込んで話をしてみたいと思います。

日本人が世界にもまれに見る優秀な民族であることは、
各国から認められているところです。

歴史を遡ってみても、資源のない島国にあって、
明治維新後の発展、そして第二次世界大戦後の復興は、
アメリカの助力があったとは言え、「世界の奇跡」とまで賞賛されました。

高度経済成長を経て、世界第2位の経済大国に登りつめた日本ですが、
日本人が持つ勤勉さが成し遂げた成果と言えるでしょう。

しかし、どこまでも惜しいこととして、
世界の先進国のスタンダードである
「英会話技術」と「投資知識」がほとんど
ゼロに等しいという事実があるのです。

モノを作っていれば売れた時代の日本であれば、
この二つはさほど必要でなかったかも知れません。

しかし、今や日本の得意分野と言われていた
自動車や家電ですら、中国や韓国に追い抜かれようとしています。

日本経済の低迷が、個人の収入に大きく影響し、
経済的に豊かな生活をまっとうするには厳しい時代です。

そう考えると、さほど品質的にも差がなくて、
しかも価格が安いのであれば、海外ブランド(中国製・韓国製)を
購入するのは普通の事なのかもしれませんね。

本当に厳しい時代になったと痛感します。

————————————————–

■経済的格差を感じやすい社会■

————————————————–

同時に、日本では深刻な不況が長く続いています。
20年前、1億総中流階級と言われ、リストラなど
予想もできなかった日本は、今はもうありません。

当時、金持ちと貧乏人の二極化がいずれ
訪れると言われましたが、多くの人は信じませんでした。

しかし、今はそれが現実となりました。

投資や世界に目を向け、準備を進めた人たちが
金融やビジネス分野で成功を収める一方、
そうでない人たちが貯金すらままならない生活を強いられています。

この“格差”を縮めるためにも、
そして経済的な自由を手に入れるためには、
投資の知識はとても重要となります。

投資の知識と技術を身に付ければ、
仕事をやりながら副業として稼ぐことができます。

今から投資を学ぶのは難しいと感じている人もいるかもしれませんが、
そんなことはありません。

投資はいくつになっても習得することができます。

身に付けてしまえば、一生涯のスキルにもなります。

実際、私も投資(特にFX)の知識を完全にマスターしたのは
30代になってからです。

そして今は専業トレーダーとしてFXをやっています。

時間も自由に使えるので、好きなことをやったり、
家族と一緒にいる時間を大切にしています。

経済的な豊かさを手に入れ、
さらには時間を自分の好きなように使える職業は、
他を探してもそんなに無いと思います。

————————————————–

■“勤勉さ”と“器用さ”を投資で使いこなす■

————————————————–

私の知り合いには、投資で貯めた資金を、
今度はファンドに預けて資産を増やしているトレーダーがいます。

ファンド以外にも複数の事業に投資したりと、
投資家としての生活を送っています。

投資家としての生活を送ると、
日常生活では得ることのできない
有益な情報を手に入れることもできます。

ですが、優良なファンドや事業の情報というのは、
なかなか手に入るものではありません。

投資家としてある程度の財を成したときに、
初めて手に入る情報なんです。

だからといって、自分には縁遠いものだと
思わないでくださいね。

私たち日本人は、“勤勉さ”と“器用さ”を持った
優秀な民族です。

十分な知識とスキルを学習することで、
立派な投資家になることも夢ではありません。

投資の知識とスキルを習得してしまえば、
不景気を感じることなく豊かな生活を送れます。

それらは、継続的な学習を日常の習慣として取り入れれば、
特に難しいことではありません。

経済的な自由を手に入れて、
今の不況を改善するぐらいの気持ちで
投資をしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お休みの方もお仕事の方も、
充実した休日を過ごしてくださいね。

FX-Jin

2012年5月14日

カテゴリー:2012年5月

プロフィール

FX-JIN

こんにちは。プロトレーダーのFX-Jinと申します。

FXのスキャルピングで生計をたてているプロトレーダーです。

株トレードを3年、FXトレードを8年、合計11年間の投資経験があります。

FX口座にある400万円ほどを、毎月倍にして利益を得ています。

年間では3000万~4000万円の利益を上げています。

詳しいプロフィールはこちらから

コラムバックナンバー

【2014/11/20 重要なお知らせ】

現在、弊社の配信システムにて配信されるメールがエキサイトメール(●●●●@excite.co.jp)の場合
正常に届かないという不具合が発生しております。


そのため、エキサイトメールをご利用の方は今後、更新のお知らせやセミナーのお知らせなど、
重要なメールが一切届かない可能性もございます。


引き続き弊社からのメールを受信するためにはお手数をお掛けしますが、エキサイトメール以外へ
アドレスの変更をお願い致します。


下記より、メールアドレスの変更申請を行うことが出来ます。

http://forms.mail-box.ne.jp/cross/adress_change/

新規でメールアドレス取得が必要な方は
下記よりフリーメールアドレスを取得してください。


▼Yahooメール
http://promo.mail.yahoo.co.jp/


▼Gメール
https://accounts.google.com/SignUp



下記はフリーメール取得の
マニュアルサイトとなっております。
どうぞ、ご参考ください。


▼Yahooメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2090.html


▼Gメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2150.html



ご不明点や、疑問点がございましたら、いつでも下記までご連絡ください。

(※件名に「エキサイトメールの変更に関して」とお書きください)
info@fx-jin.jp