こんにちは。

FX-Jinです。

今週に入り、街中では袴を着た学生さんを
よくみかけました。

新しい門出を祝う時期ですね。

3月ももうすぐ終わりです。

————————————————–

■今日、各地で卒業式■

————————————————–

卒業式のシーズンですね。

私の長男も今日、
小学校の卒業式でした。

普段、私は東京にいることが多く、
ほとんど家庭にいません。

今回、なんとか息子の卒業式に出席することができました。

————————————————–

■長男と野球■

————————————————–

長男は私が子育てしました。

すぐ泣くし、よく動きまわる子だったので、
本当に大変でした・・・。

小学校に上がると、息子は野球を始めました。

一緒にキャッチボールしたり、
バットを振ったり、陽が暮れるまでボールを追いかけました。

最初はワンバウンドのボールさえ顔に当てて泣いてました。

また、右手で投げる時は、
同時に右足が前に出ていました・・・。

少しずつフォームを作り、
時折フォームに矯正を加えていきました。

同じ頃、私もFXトレードの世界で、
自分の手法に矯正を加えていました。

毎日相場の勉強を続け、
毎日トレード手法を確立しようとしていました。

人間、誰でも継続していればなんとかなっていく。

————————————————–

■野球とFX

————————————————–

空手も辞め、そろばんも辞め・・・。

そんな長男でしたが、野球は続きました。

最初センターを任され、その後サードを守りました。

本人は、「どこのポジションでもいい」と言っていましたが、
しょっちゅうピッチャーの絵を描いていました。

彼のノートにもピッチングの漫画が描かれていましたし、
毎日ピッチング練習をしていました。

サードを守ったかと思えばまた外野に戻され、次はショート、
そしてキャッチャーと、なかなかピッチャーをやらせてもらえませんでした。

私のFXも、勝ったり負けたりが続いていました。

しかし、続けることには大きな意味があります。

その分野で続けていれば、きっと何か形になっていくものです。

長男は、ようやく念願だったピッチャーに抜擢されました。

小学6年最後の大会は一回戦敗退でとても惜しい試合をしましたが、
ピッチングは冴えていました。

彼の野球人生は中学に進んでも続いていきます。

そして、私のFXトレードも同じです。

今は投資教育の普及という活動も加わり、
さらに前へ進んでいきたいと思っています。

トレードの学習を続け、ひとつのトレード毎に資金管理や
リスク管理をしっかりと行い、一歩一歩前へ進むトレーダーは、
遅かれ早かれ、自分のトレードスタイルの確立に至るはずです。

息子の成長した姿をみていたら、そんな事を思いました。

“継続は力なり”です。

それでは、本日はこの辺で失礼します。

FX-Jinでした。

2012年03月23日