こんにちは。

FX-Jinです。

先週は息子の小学校の卒業式でした。

来週になれば4月に入り、
息子もいよいよ中学生です。

入学式にも出席する予定です。

桜が咲いてるといいですね。

ちなみに今は春休みなので、
時間をみつけては子供たちと目一杯遊んでいます。

そして、
毎日筋肉痛です(汗

————————————————–

■悪習について考える■

————————————————–

ご存知の会員さんも多いかもしれませんが、
私は喫煙者です。

しかも、何度も禁煙にトライしましたが、
すぐに挫折していまう人間です。

お恥ずかしいです。

タバコは嗜好品なので、
それ自体が悪いとは言いませんが、
やはり健康の事を考えると・・・。

この喫煙という悪習を辞めることができたら、
人生バラ色なのかなと、考えたりもします。

トレードでも同じようなことが言えるかもしれません。

トレードで損切りできない人や、
変な逆張りの悪習がついてしまった人は、
そこからなかなか抜け出すことが難しいと思います。

私も昔はそうでした。

これまたお恥ずかしい話です。

損切りができるようになるまでに3年かかりました。

この3年はとても長かったです。

でも、できるようになると、まったく違った人生が開けました。

バラ色の人生の始まりでした。

損切りができると、損切りで迷うことがなくなりました。
(この時間って、考えるとけっこう無駄な時間かもしれませんね。)

悪習を断つことができれば、その後のトレードは大きく前進します。

実際、前進しましたし、同じ境遇のトレーダーの方なら
わかると思います。

————————————————–

■自分のトレード手法を見直し、改善する■

————————————————–

また、私は逆張りエントリーの癖がなかなか抜けませんでした。

「下降トレンドだけど、もうすぐ“上がるだろう”から買いで入ろう」

「上がる気配がなくても、損切りさえ早くすれば大丈夫でしょ・・・」

当時の私はそこそこ勝っていたので自信を持っていました。
(そこそこと言っても、勝つ時はお大きく勝ち、負けるときは大きく負ける
そんな収支のバランスがとても悪いトレードでした。)

勘でトレードする日もあったりしました。

あと、リスク管理なんてものは特に意識もせずトレードしていました。

今考えると、ひどいトレード生活だったなと思います。

逆張りトレードが悪い手法とは言いませんが、
リスク管理をちゃんとしていないと、大きな含み損を抱えます。

当時の私は、根拠のない自信と勘でやっていたため、
負けるときはいつもガッツリと含み損を抱えていました。

エントリー後、相場が逆方向(含み損)に動いてしまうんです。

しかも、根拠のない自信が損切りのタイミングを遅らせました。

今となっては自分で

「え、そんなところでエントリーするなんてありえねぇ~!!」

と言ってしまいそうなトレードスタイルでした。

でも、今は違います。

大負けを経験したあとは、勝てるように必死に勉強しました。
(私の書籍を読んだ人はご存知だと思います・・・)

それまでの習慣を変えるのは難しいかもしれません。

でも、トライする価値は相当あります。

実際に私は悪習を改善しました。

いや、改善しないとこのままではダメだと心底思いました。

悪い習慣を変え、自分のトレードをドンドン矯正していきましょう。

実際に、悪習を改善することに成功している会員さんも増えています。

改善方法としては、

1:負けのトレードを見返して改善点を見つける。

2:負けのトレード結果を別の誰かに見てもらう。

3:勝っているときの相場と、負けているときの相場を見比べる
(※エントリーと決済のタイミングも見比べる)

やり方は色々ありますが、
悪習があると思ったら、上記の項目をお勧めします。

改善することで、
自分では気付かなかったクセなどを
見つけることができるはずです。

私がやっていた、チャート画像を指や鉛筆でなぞるっていうのも、
一つの手段だと思います。

悪い習慣は早めのうちに改善していきましょうね。

今日は悪習についてでした。

それでは、お仕事の方もお休みの方も、
充実した週末を過ごしてくださいね。

FX-Jin

2012年03月30日