こんにちは。

FX-Jinです。

本日は息子の中学の入学式です。

つい2週間ほど前は卒業式だったのに、
今日は入学式です。

2012年の桜前線は、現在、平年より5日程度遅れて
中国・近畿や東海・関東地方を北上中だそうです。

満開とは行かないまでも、
入学式では綺麗な桜が見れそうです。

子供の学校行事は目白押しですね。

————————————————–

■家族孝行でカンボジアへ■

————————————————–

つい最近、カンボジアに行ってました。

トレードはいつも通りこなしていたので、
いつもと違うことと言えば、時差くらいだったかも知れません。

カンボジアのシェムリアップは、10年ほど前に、
私が妻と新婚旅行で訪れた思い出深い地です。

今回、家族で行ってみました。

ホテルのテラスでトレードをして、
時々アンコールワットなどの遺跡を訪問しました。

10年前は、まだ遺跡近くで地雷撤去の爆発があったりして、
ちょっと不安な新婚旅行でした。

ホテルも快適とは言えない環境でした。

そして10年経った今、ホテルもある程度の水準となり、
地雷の撤去作業や遺跡の修復作業、道路の舗装なども、
遺跡の近くはだいぶ進んだようでした。

ようやく平和を手に入れたカンボジアですが、
かつてのポル・ポト政権下では、
本当に多くの人々が拷問され、そして殺されていきました・・・。

————————————————–

■あたりまえの日常に感謝■

————————————————–

今のカンボジアでも、かつて親を殺された子どもや、
子を殺された親、兄弟を殺された人なども多く、
みんな心に傷を負いながらなんとかして発展を目指しています。

ポル・ポト政権時代にまず粛清されたのは、
インテリ層やお金持ちです。

そういった人々は頭脳と知識を持っていたわけですが、
彼らの多くが死んでしまった今のカンボジアでは、
日本人からすると簡単に思える知識や能力でさえ、
持っている人は少ないのです。

その結果、この国の発展は100年以上遅れてしまったと言う学者もいます。

知識、情報、能力など、私たちが当たり前に思っていることが、
実は世界から見て当たり前ではない場合も多いのです。

文字が読める。

地図が読める。

英語が理解できる。

インターネットが活用できる。

投資の知識や技術を持っている。

すべて、大変恵まれた環境の中でこそ獲得できるものです。

世界の国々から見た場合、日本という、
相対的に恵まれている環境に感謝しながら、
そして、インターネットで情報を得たり、
投資活動ができる環境に感謝しながら、
日々精進していきたいものです。

そして、

私自身も投資に興味を持つ多くの方々に、
「経済的自由になるためのFX知識」を
提供できることを改めて感謝しています。

それではまた来週のコラムでお会いしましょう。

FX-Jin

2012年04月06日