2012年8月17日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんにちは、FX-Jinです。

オリンピックも終わり、お盆も終わり、
残るは甲子園のみとなりましたね。

夏も終わりを迎えようとしています。

けれども、暑い日はまだまだ継続中です。
体調を崩さずに過ごしてくださいね。

そんな中、私は来週からシンガポールへ行くことになりました。

皆さんは行ったことありますか?
実は、初のシンガポールなんですよね。
少しドキドキしています。

————————————–

◆シンガポール◆

————————————–

行く前に、シンガポールのことを調べてみました。

ちょっと小学校の社会科みたいになりましたが、
投資のこともきちんと書いていますので安心してください。

シンガポールの面積は東京都23区(約621平方km)と同じぐらいです。

人口が507万人ほどで、人口密度は世界第2位です。
(ちなみに、第1位はモナコ公国)

東京よりちょっと密度が高いくらいですね。
(1km2当たり、シンガポールは6773人、東京は6017人)

国民の宗教観も様々で、仏教・道教・キリスト教・
イスラム教・ヒンズー教など、多岐にわたっています。

言語は公用語として英語を使っています。

他にマレー語、中国語、タミル語の4つです。

また、英語を基本として、民族後も話せるので、
バイリンガル、トリリンガルは一般的だそうです。

そして私が一番気になるのは、
シンガポールの経済状況です。

主な産業は金融サービス、製造業、ビジネスサービス業、
運輸・通信業などがあります。

また、外資系も多く、欧米以外でも
日本・中国・韓国・インドなどがあります。

近隣諸国へのアクセスが良いということもあり、
シンガポールに拠点を置く企業も多いようです。

これは、香港と似ていますね。

島国としての利点を活かし、
様々な国との交流をもち、受け入れています。

アジア有数の国際金融センターとしての地位も持っているので、
経済発展のスピードも目覚しいようです。

————————————–

◆富裕層、投資家が魅力を感じる国◆

————————————–

香港の経済状況と似ているシンガポールでは、
富裕層や投資家の間でも関心が高まっているようです。

1:国際金融センターとしての魅力

国際金融センターとしての地位を確立しているため、
アジア各国または欧米などの諸外国が利用しています。

これは、各国の通貨が頻繁に取引されているということです。

2:ビジネス進出しやすい環境

シンガポール現地では、富裕層・投資家・ビジネスマンなどにむけて、
各種用途に応じたレンタルオフィスや居住環境を整えています。

これらを自力だけでゼロから用意すると
時間とお金がかかります。

しかし、生活環境、居住環境が整っているため、
現地で用意されたものを利用する人が多いようです。

3:経済成長の著しさ

やはり富裕層や投資家にとっての魅力は、
地域そのものが経済成長していることにあります。

諸外国との交流、金融取引の流動性、現地産業の成長。

これらが進行形で活発に動き続けていることで、
ビジネスチャンスはいくらでもあります。

また、お金の動きも活発になるので、
経済の循環機能も期待できます。

————————————–

◆教育レベルの高さと、学習の必要性◆

————————————–

シンガポールは学歴社会の国でもあります。

これはシンガポールが人材育成に力を入れているからなんです。

諸外国とのやり取りが多く、
グローバル化が目覚しいシンガポールでは、
人材は貴重な存在です。

「人材」も国にとっては一つの資源です。

人が育つことで、国も栄えます。

教育をしっかりと受けることで、
社会にでてから学んだことを活かすことができます。

子供の頃に学んだことは、
大人になってからも忘れることは
なかなかありません。

しかも、それを継続的にやり続けることで、
自身の能力向上にもつながります。

これはなんにでも言えることですね。

FXもそうなんです。

日々の継続学習をやり続けることで、
勝ち続けられるトレーダーになれます。

楽をして成功をおさめることはできません。

ちょっとした空いた時間に、
相場を眺めるだけでもいいです。

チャート画像をプリントアウトして、
指でなぞったり、写経のように
書き写してもいいんです。

また、私の動画セミナーを何回も見直しても
かまいません。

学習のやり方は色々ありますが、
やり続けることが大切なんです。

話しが少しそれましたが、要は学び続けることが
大事なんですよね。

シンガポールに行ったら、現地の人たちに教育システムや
投資・金融についてどんな考えを持っているのか、
直接聞いてみようと思います。

もしかすると、投資専門の学校を設立するにあたって、
なにかヒントになるようなことを聞けるかもしれませんね。

————————————–

■本日の「〆」■

————————————–

来週からシンガポールですが、
現地で見たり聞いたりしたことを、
またコラムでお伝えしますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お仕事の方も、お休みの方も、
素敵な週末をお過ごしください。

FX-Jin

2012年08月17日