FX-JIN 公式Webサイト

ちょこっとコラム

2013年5月31日 プレゼントします。


2013年5月31日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんばんは、FX-Jinです。

強化月間での学習はいかがでしょうか?

今月は“スキャルピング”をテーマに
毎週お伝えしていきました。

こちら、全3回の強化月間の内容です。

↓↓↓

『第1回:【FX-Jin】※重要です→本日よりスタートします。』
http://fx-jin.net/column/201305/20130510/

『第2回:エントリーと決済のタイミング、教えます』
http://fx-jin.net/column/201305/20130517/

『第3回:高勝率のエントリー方向が一瞬でわかる、相場の捉え方』
http://fx-jin.net/column/201305/20130524/

本日は、5月の強化月間のまとめと、
前回お話しした、“サプライズ企画”について
お伝えしていこうと思います。

どんなサプライズかは、
コラム後半にありますので、
そのまま読み続けてくださいね。

↓↓↓

————————————

■5月FXトレード強化月間のおさらい

————————————

では、さっそくですが、
今月お伝えした内容を簡単にまとめてみましょう。

《■第1回:スキャルピングでトレードするメリットとは■》

・短時間でトレードできるため、空いた時間でトレードできる

・エントリーのチャンスが昼夜問わずに何度もある

・ハイレバレッジでトレードできるため、資金効率が良い

《■第2回:スキャルピングで利益を狙うなら“レンジ相場”■》

・全相場の約7割がレンジ相場なので、トレードチャンスが多い

《■第3回:直近相場で相場の圧力(買い・売り)を捉える■》

・エントリー後の“含み損”を未然に防ぐにはライントレード

・直近相場の圧力を確認して、相場の方向性(上昇または下落)を捉える

・直近相場の圧力を確認して、高勝率なエントリーポイントを捉える

スキャルピング(短期トレード)でトレードしていけば、
時間に縛られることがありません。

そして、全相場の約7割がレンジ相場と言われているので、
トレードのチャンスが多く、
しかもFXは平日24時間いつでもできます。

さらに、直近相場の圧力を捉えることで、
効率的なトレードをしていくことが可能になります。

今月、お伝えした内容は、
スキャルピングで利益を狙っていくための
基礎的なスキル・知識となりますので、
土日でしっかり復習しておきましょう。

この基礎を何度も繰り返し復習することで、
そこに応用を利かせることも可能なので、
トレードの幅が広がります。

そして、スキャルピングで利益を上げていくために、
まずはレンジ相場を攻略できるようにしましょう。

そのためには、もう一度、
強化月間の内容を読み返して学習していただくと、
理解もさらに深まるかと思います。

今回お伝えした内容をマスターすれば、
一生稼いでいけるスキルにもなっています。

一つの講座も無駄にすることなく、
そして、真剣にFXで利益を上げていきたい方は、
継続学習をしていってくださいね。

それでは、おさらいはここまでにして、
サプライズ企画を発表したいと思います。

————————————

☆スペシャル・サプライズ企画の発表☆

————————————

5月のスキャルピング強化月間でしっかりと
スキャルピングで効率的に利益を狙う
ノウハウを学んだことだと思います。

そんなあなたのために、
ご用意させていただいたサプライズ企画。

それは、わたしのスキャルピング学習の教材

『恋スキャFXビクトリーDX完全版』を無料プレゼントさせていただきます!

という内容です。

恋スキャFXは
スキャルピングに特化したFX教材でもあり、

今回のFX強化月間で学んだこと以外にも、
実践トレードで使える応用的なスキルなども学べます。

また、今回の強化月間で学んだことと併せて
学習することで、さらに理解も深まることでしょう。

※恋スキャFXビクトリーDX完全版とは、こちらの教材です。
http://s-url.bex.jp/wvbs

プレゼントを受け取る方法は簡単です。

FXトレード強化月間で、あなたが学んだことを、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わたしFX-Jinにフィードバックしてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者、上級者は関係ありません。
今回の強化月間について真剣に、
フィードバックを下さった方の中から、

抽選で1名に『恋スキャFX』をプレゼントさせていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フィードバックのフォームはこちら
http://s-url.bex.jp/mvwi

今回学んだことは、
恋スキャFXのコンテンツの中でも
詳しくお伝えしています。

まだ恋スキャFXをお持ちでない方は、
ぜひ、今回のフィードバックに参加して、
手に入れていただきたいです。

感想は、FXトレード強化月間で
あなたが学んだことや、
実践で取り入れていることなど、

なんでも構いませんので、
今回学んだことを教えてください。

文字数の制限はありません。

強化月間でどれだけの人が学んで、
そして成長をしようと頑張っているのか、
ぜひ、フィードバックしていただきたいと思います。

↓↓↓

『スキャルピング強化月間・フィードバック専用フォーム』
http://s-url.bex.jp/mvwi

また、フィードバックの受付期間は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6月3日(月)の23持59分までとさせて頂きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いただいたフィードバックは、
全てわたしが目を通させていただきますね。

あなたからのフィードバック
楽しみに待っています^^

————————————

■まとめ

————————————

今回のフィードバックは、

6月4日(火)に配信の『ちょこっとコラム号外』で
当選者の発表と情報共有をさせていただきます。

5月のFXトレード強化月間は、
“スキャルピング”について
じっくりお伝えしていきました。

いかがだったでしょうか?

会員さんのお役に少しでも立ったのであれば、
わたしも嬉しいです。

一度、インプットした情報を、
このようにフィードバックという形で
アウトプットすることで、

さらに自分自身のトレードスキルを
アップしていくこともできます。

『スキャルピング強化月間・フィードバック専用フォーム』
http://s-url.bex.jp/mvwi
※受付締め切りは6月3日(月)23持59分までとなります。

さて、明日より6月に入りますが、
5月の強化月間がご好評だったため、
6月も引続きFXトレード強化月間行いたいと思います。

6月のテーマは今、考え中ですので、
楽しみにしていてください。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

では、6月4日(火)に配信の
『ちょこっとコラム号外』ででお会いしましょう。

それでは、良い週末をお過ごしください。

FX-Jin

2013年5月31日

カテゴリー:2013年5月

2013年5月24日 高勝率のエントリー方向が一瞬でわかる、相場の捉え方


2013年5月24日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんばんは、FX-Jinです。

今月から始まりました、
FX強化月間はいかがでしょうか?

第一弾は“スキャルピング”について
順を追ってお伝えしています。

先週の内容はコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『エントリーと決済のタイミング、教えます』
http://fx-jin.net/column/201305/20130517/

本日は、

『高勝率のエントリー方向が一瞬でわかる、相場の捉え方』

です。

それでは、さっそく本日の講座を進めていきたいと思います。

————————————

■直近相場で買い・売りの圧力を確認

————————————

現在、FXトレードをやられている方で、
エントリー前に必ずやっていることはありますか?

・現在の相場の動きを確認して、買い・売りの判断をする

・損切りするポイントを決めている

などなど、、、

トレーダーによって、
それぞれやり方があるかもしれませんが、
わたしが必ずやることがあります。

それは、

“直近相場を確認して、相場の圧力(買い・売り)を確認する”

ということです。

これは、わたしFX-Jinのトレード手法の中でも、
基礎中の基礎なんです。

相場の圧力を確認することで、
勝率がグンとあがる他、

「買いエントリー後に相場が下がってしまった(汗)」

「売りエントリー後に相場が上がってしまった(泣)」

というような、相場の逆行を防ぐことにも繋がります。

相場が売り方向なのか、買い方向なのか、
圧力の確認のやり方はとっても簡単なので、
ぜひ、ご自身のトレードに取り入れてみてくださいね。

ちょこっとコラムを読んでいる
会員さんの中には、

「Jinさんが言っている、直近相場の確認は毎回やってるよ!」

という会員さんもいるかもしれませんが、
今日は復習ということで、
もう一度おさらいしていきましょう。

■相場の圧力を判断するには、相場全体を見る

直近相場の圧力(買い・売り)を判断するためには、
エントリーする部分だけを細かく見ても、
判断することはできません。

では、どうすれば相場の圧力を確認できるか?

それは、相場全体を見ることで、
圧力を確認することができます。

直近のローソク足
100~300本分くらいで相場を見てみたとき、
その相場が上昇しているのか、
下落しているのか、方向性を把握することで、
相場にかかっている圧力を判断することが可能です。

こんな感じです。

考え方はとてもシンプルです。

↓ ↓ ↓

■上昇相場からレンジ相場へ推移しているときは、

“買いの圧力”が機能しています。

この場合は、買いエントリーをメインに考えます。

現在レンジ相場であっても、
過去に上昇の圧力がかかっているため、
上昇のエネルギーがまだ残っている可能性があります。

■下落相場からレンジ相場へ推移しているときは、

“下落の圧力”が機能しています。

この場合は、売りエントリーをメインに考えます。

こちらも、現在レンジ相場であっても、
過去に下落の圧力がかかっているため、
下落のエネルギーがまだ残っている可能性があります。

両方のエントリーに共通して言えることは、
相場の方向性に逆らわずエントリーしていることです。

買いの圧力がかかっているから、
買いエントリー。

売りの圧力がかかっているから、
売りエントリー。

というふうに、
相場の流れに乗ってエントリーすることで、
より高勝率なトレードを可能にしてくれます。

相場全体を大きく見るだけで、
相場にかかっている圧力を判断できるので、
エントリー前に必ずやってみてください。

決して、現相場の値動きしている
部分だけを細かく見過ぎないように気をつけましょう。

————————————

■高勝率のエントリーポイント

————————————

相場の圧力を判断する知識が身についたら、
次は、高勝率なエントリーポイントの考え方です。

レンジ相場を狙っての
高勝率なエントリーのポイントは、

買い・売りともに、
3回目の反発後のエントリーが高勝率と言えます。

反発ポイントの参考画像はこちらです。

↓ ↓ ↓

▼買いエントリー:反発ポイント

▼売りエントリー

反発が3回目続いているということは、
圧力が強く機能していると判断できます。

反発2回でも反発している相場の圧力が
底堅いと判断できます。

4回、5回、6回の反発となると、
どこかでレンジ相場が崩れる可能性が高いので、
高勝率なエントリーポイントのタイミングとは言えません。

一番ベストなのは、
圧力が強く機能している3回目の反発ポイントが、
高確率で利益を狙えるチャンスと言えます。

この反発ポイントは、
相場にラインを一本引くだけで明確になるので、
ぜひ、レンジ相場でトレードする時は取り入れてくださいね。

————————————

■サプライズ考えています

————————————

今月の強化月間も、
今回で3回目となりました。

会員さんからもメールをいただき、

「強化月間ということで、毎週楽しみにしています!」

「しっかりと学習ができるので、学んではトレードに取り入れています^_^」

「初心者ですが、画像もあるからわかりやすいです。」

などなど、この他にもたくさんのメールをいただいていますが、
会員さんがしっかりと学習しているようで、
強化月間をやって良かったなと思っています。

そんな真剣に強化月間に取り組んでいる
会員さんもいるので、
ちょっとしたサプライズを計画しているところです。

これは、しっかりとこのコラムを読んでくださっている
会員さんがいるからこそ、

わたしも一生懸命な会員さんに
何かできないかな?と思ったわけです。

まだ具体的な内容は決まっていませんが、
次回のちょこっとコラムでお伝えしようと思うので、
楽しみにしていてくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週のちょこっとコラムでお会いしましょう。

それでは、良い週末をお過ごしください。

———————
※お知らせ

6/30(日)にクロスリテイリング株式会社主催で
100名限定の無料セミナーを行います。

受付締切は5/30(木)23持59分ですので、
ご興味のある方はぜひお越しください。
http://s-url.bex.jp/jmvj

———————

FX-Jin

2013年5月24日

カテゴリー:2013年5月

2013年5月17日 エントリーと決済のタイミング、教えます。


2013年5月17日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんばんは、FX-Jinです。

先週よりスタートしました、
FX強化月間の第一弾はもうご覧になりましたか?

第一弾は“スキャルピング”についてです。

先週の内容はコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『【FX-Jin】※重要です→本日よりスタートします。』
http://fx-jin.net/column/201305/20130510/

本日は、実践的な内容もお伝えしていきますので、
飛ばさず読み進めてくださいね。

それでは、さっそく本日の講座を進めていきたいと思います。

————————————

■レンジ相場は全相場の7割

————————————

前回のちょこっとコラムでお伝えしましたが、
スキャルピングトレードをしていくなら、
まずはレンジ相場を相手にするといいでしょう。

レンジ相場とは、
レートが上がり下がりを繰り返していきながら
横ばいに動いていく相場でしたね。

その理由は、
レンジ相場は全相場の
『約7割』をしめていると言われているからです。

全相場の7割もしめているということは、
1日の中でのトレードチャンスが多いということ。

また、FXは平日24時間取引可能なので、
忙しいサラリーマンの方や主婦の方でも、
空いた時間に取引することが可能です。

では、実際にどのようにして
レンジ相場でトレードしていくのか、
その辺りをお伝えしていきますね。

文字だけの説明じゃ、
伝わりづらい部分もあるかと思うので、
画像も容易しました。

また、クイズもご用意しましたので、
そちらも合わせて、そのまま読み進めてくださいね。

————————————

■あなたはどのポイントでエントリーしますか?

————————————

まずはじめに、
ここで、あなたにクイズを出したいと思います。

今から出すクイズは、
レンジ相場から利益を狙う際に、
もっと高勝率なエントリーポイントを当ててもらうことです。

長く安定的に利益を狙え、
そしてリスク管理も考慮されている
エントリーポイントを選んでくださいね。

問題の相場はこちら。

※エントリーは全て「買いエントリー」としています。
※○=エントリー/●=決済とします。

Q1~Q3までのエントリーから決済までの
トレードポイントがあります。

以下の3つの内から、
どれが高勝率ポイントでのエントリーかを選んでください。

■質問

Q1:下げ止まりラインに到達後、買いエントリー。
   上げ止まりラインに到達後、決済。

Q2:下げ止まりラインで反転上昇を確認し、エントリー。
   上昇後、上げ止まりラインの少し手前で決済。

Q3:直近下げ止まりラインの少し手前でエントリー。
   上昇後、上げ止まりラインで反転下落しはじめたところで決済。

しっかりと考えて、
そして、その理由も一緒に考えていきましょう。

それでは、シンキングタイムです。

・・・・・・・・・5

・・・・・・・4

・・・・・3

・・・2

・1

シンキングタイム終了です。

いかがでしたでしょうか?

難しいと感じた人もいれば、
余裕で答えることが
できた人もいるかとは思います。

いったい何人の方が正解でしょうか。
それでは、さっそく正解から発表しますね。

正解は、、、、、

【2番】です。

FX学習をされている方であれば、
朝飯前だったかもしれませんね。

中には間違えてしまった人も
いるかもしれませんが、
間違ったからといって、
落ち込むことはありません。

今月からFX強化月間です。

クイズを出して、
答え合わせして、はい、終了~~~。

と、いうことはしません。

今から、各エントリーと
決済ポイントの解説を
一つずつしていきますので、
間違った方は、ここでしっかりと
内容を身に付けてください。

それでは、
まずは正解の【2番】から解説していきます。

【2番】が他の2つよりも高勝率な理由は、

・下げ止まりラインでの反発を確認してからのエントリー

・エントリー後、直近高値での反発のリスクをおさえるために早めの決済

レンジ相場でトレードをする場合は、
下げ止まり(買いの場合)、または上げ止まり(売りの場合)の
ラインを切り返してきたところが、高勝率ポイントと言えます。

▼補足画像

今回は、買いエントリーだったので、
下げ止まりを確認してからのエントリーとなりました。

また、下げ止まりのラインで、
反発が2回続いているということは、
下からの買いの圧力が強く機能していると判断できるので、

買いでのエントリーポイントとしては、
高確率で利益を狙えるチャンスと言えます。

そして、決済のポイントに関しては、
上げ止まっているラインに近づくほど、
反転下落する恐れもありますので、
直近高値の上げ止まりライン手前での決済が有効的です。

【1番】のトレードは、
正直、奇跡とも言える
エントリーと決済のタイミングですね。

底値でエントリー(買い)して、
高値で決済というトレードは、
レンジ相場での理想の
トレードと言えるかもしれません。

しかし、このエントリーと決済のポイントは、
未来の動きが100%分かっていないとできないくらい、
奇跡的なトレードと言えます。

そのため、【1番】は不正解となります。

【3番】のトレードは、
下落途中に買いエントリーしているので、
その圧力によって、さらなる
下落を引き起こすリスクがあります。

下げ止まりのラインで反発するかもわかっていない段階で、
買いエントリーを入れるのは、
高勝率ポイントとは言いがたいエントリーポイントです。

逆に、決済のタイミングは、
上げ止まって下がり始めたポイントで
利益確定となっています。

レンジ相場でトレードしていくなら、
上げ止まりラインに達する前に
利益を確定してしまったほうが、
勝てる可能性は高まります。

利益を伸ばす、という意味では
高値のブレイクを狙っても構いませんが、

レンジの中でトレードをする、ということであれば、
利益確定は上げ止まりラインに達する前に
行ってしまったほうが良いですね。

早すぎるエントリーと、遅すぎる決済となっています。

以上が、
Q1~Q3までの回答・解説です。

高勝率なエントリーポイントや
決済のタイミングを習得することで、
長く安定的にトレードしていくことも可能です。

今回のトレードのポイントに関するクイズ内容を
何度も読み返して、
あなたの中に落とし込んでくださいね。

————————————

■エントリー、決済する際に意識しておくべきこと

————————————

次にエントリー、決済に関して、
意識しておくことがあります。

それは、、、

直近相場の値動き・圧力(買い・売り)を把握することです。

エントリーの際に、
ただ闇雲にエントリー・決済をしてはいけません。

直近相場の状況をしっかりと把握することで、
さらに勝率の高いトレードをすることも可能となります。

今日のコラムはここまで。

来週のコラムでは
高勝率のエントリー方向が一瞬でわかる、
相場の捉え方を詳しくお伝えしていきたいと思います。

一旦ここで今回のスキャルピング講座は
休憩としますね。

今日お伝えしたことは、
次回のちょこっとコラムまでに
しっかりと復習しておいてください。

次回のちょこっとコラム強化月間の内容も、
楽しみにしておいてくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週のちょこっとコラムでお会いしましょう。

それでは、良い週末をお過ごしください。

FX-Jin

2013年5月17日

カテゴリー:2013年5月

2013年5月10日 ※重要です→本日よりスタートします。


2013年5月10日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんばんは、FX-Jinです。

先週のコラムはご覧頂きましたか?

勝てないトレーダーと、勝ち続けるトレーダーは
“相場の見え方が違う”というお話をさせてもらいました。

※先週のコラムはこちら
http://fx-jin.net/column/201305/20130503/

そこで、読者さんから

「相場の見え方を、
Jinさんのように見ていけるようになりたいです。
具体的にどのようなトレーニングをしていけばいいでしょうか^^;」

というお問い合わせを頂きました。

そこで、

突然ではありますが、
今月からあなたをはじめとする
わたしのコラムを見てくださっている方々に向けて

FXで利益を上げ続けるための
“FXトレード強化月間”を始めることに決定しました。

このFX強化月間では、
今までお伝えしきれなかったFXや相場の本質、

そして実際にFXで利益を上げていくための
実践的な内容を、より深く掘り下げてお伝えしていきます。

それでは、さっそくではありますが、
今月の強化月間の内容を発表しますね。

《 SE:ジャカジャカジャカジャカ~ジャジャン!! 》

今月の強化月間のテーマは、

“スキャルピング”です。

こちらを4週にわたり解説していきます。

“スキャルピング”という言葉、
知っている方もいれば、
もしかすると初めて聞く人もいるかもしれません。

「“スキャルピング”はもう知ってるよ」
という方も最後までご覧頂くことをおススメします。

なぜなら、これからお伝えしていくことは、
あなたのFXトレードスキル・知識を磨いていくためにも
必要な内容となるからです。

————————————

■スキャルピングの本当の良さ知ってました?

————————————

あなたは、“スキャルピング”と聞くと、
どのような印象を持ちますか?

あなた:
「短期トレードのことですか??」

はい、その通りです。

スキャルピングとは、

“1回のトレード時間が5分~15分、長くても1時間程度で、
その時間内でエントリーとトレードを行うトレードスタイルです。”

わたしのトレードスタイルも、
このスキャルピングです。

わたしがこのスキャルピングを得意としていて、
そして、利益を上げ続けているのには、
もちろん理由があるのです。

スキャルピングだと、トレード時間が短いので、
チャート画面の前に何時間もいる必要はありませんし、
エントリー後に何度も相場をチェックする必要もありません。

また、ポジションを長期保有する
デイトレードやスイングトレードとは違い、
トレードでの拘束時間が短いので、
会社から帰ってきてからのちょっとした時間や、育児の合間でも
空いた時間を見つけてトレードすることができます。

忙しいサラリーマンや、家事・育児に忙しい主婦の方には
おススメのトレードスタイルとも言えますね。

【スキャルピングのメリット・デメリット】

■メリット

・1回の取引時間が5分~15分と短いので、資金を相場にさらす時間が短くて済む

・エントリーのチャンスが昼夜問わずに何度もある

・損益のpipsが小さいのでハイレバレッジでトレードでき、資金効率が良い

■デメリット

・ポジションの保有時間が短いので、トレードに“慣れ”が必要

・ハイレバレッジでトレードする時は、ロット数の設定に注意しておく

以上が、スキャルピングのメリット・デメリットですが、
デメリット部分に関しては、
トレードに慣れてさえしまえば何の抵抗もなく
できるようになるでしょう。

スキャルピングは、短期集中の売買手法なので、
長期売買のデイトレやスイングトレードのように
一度に大きなpipsを狙うことはできません。

しかし、その分レバレッジを大きくかけられるので、
勝てるロジックでトレードし続けられれば、
資金効率はとても良いトレードスタイルとなります。

さらに、スキャルピングは
デイトレードやスイングトレードと違い、
保有時間が極端に短いので、
相場に資金をさらしておく時間も短く済みます。

相場に資金をさらす時間が長くなると、
毎日相場の変動によって、資金が上下するので、
トレーダー本人に精神的なストレスを与える場合もあります。

※この部分は性格にもよりますが、
わたしの場合はポジションを保有していると、
寝る前もそのポジションが気になって眠れなくなってしまうので、
スキャルピングのような短期売買のほうが好きなんです(汗

————————————

■スキャルピングは忙しい人にこそ取り入れて欲しい。

————————————

このコラムを読んでいるあなたも、
毎日忙しい生活の中でこのコラムを読んで下さり、
FXトレードについて学習を進めていることと思います。

そんな方にこそ、
取り入れて欲しいトレードスタイルが「スキャルピング」。

例えば、サラリーマンの方であれば、
帰宅してからのちょっとした休息時間や、
就寝前のちょっとした時間で良いんです。

主婦の方であれば、
お昼ご飯後の空いた時間や、
お子さんがお風呂に入っている時間など、
ちょっとした空いた時間で良いんです。

5分~15分ほどの時間をトレードの時間にあてれば、
毎日コツコツ利益を上げていくことも難しくはありません。

また、ポジションの保有時間が短いので、
就寝時間・仕事・家事などの
手が離せない時間にポジションを保有する必要もありません。

そのため、相場状況が気になって
仕事や家事が手につかないといった、
精神的なストレスを感じることがありません。

スキャルピングの良いところは、
忙しい方でも、毎日のちょっとした空き時間が、
数万円、数十万円と、
利益を上げられる時間になるということです。

————————————

■スキャルピングで利益を上げ続けるたには・・・?

————————————

FX相場には

「トレンド相場」と「レンジ相場」が存在します。

トレンド相場とは、
売りか、買いか、どちらかの方向に動き続ける相場。

レンジ相場とは、
相場が上下を繰り返しながら、横ばいに進んでいく相場です。

では、わたしFX-Jinが
スキャルピングのトレードスタイルでおススメする相場は、
レンジ相場とトレンド相場のどちらだと思いますか?

それは、、、

《 レンジ相場》です。

スキャルピングトレードをしていくなら、
まずは、このレンジ相場を相手にしていくと良いでしょう。

いったいなぜか。

レンジ相場は全相場の『 約7割 』をしめていると言われているからです。

全相場の7割も占めているということは、
1日の中でのトレードのチャンスが多いということです。

だから、まずはレンジ相場を
攻略することが大事なんです。

では、実際にレンジ相場で
どのようにして利益を狙っていくのか、

その説明をしていきたいと思います、、、

・・・・・・・・が、

申し訳ないですが、
本日のコラムはこの辺で終わりたいと思います。

一度にたくさんの情報を詰め込むより、
あなたがFXトレードで長期的に勝ち続けるためにも
一つ一つを丁寧に解説していきたいと思っていますので、
一旦ここで休憩しましょう。

続きは来週のちょこっとコラムで
しっかりとお伝えしていきたいと思います。

来週までに、今回お伝えした内容をしっかりと
復習しておいて下さいね。

5月のコラムはわたしが最も得意とするトレード手法である
“スキャルピング”の強化月間です。

一人でも多くの人がFXで経済的・時間的な自由を手に入れられるように、
そして、FXにもっと興味をもってもらえるように、
強化月間でガッツリお伝えしていきますね。

最後まで、お読みいただき、
ありがとうございます。

また来週のちょこっとコラムでお会いしましょう。

それでは、良い週末をお過ごし下さい。

FX-Jin

2013年5月10日

カテゴリー:2013年5月

2013年5月3日 そもそも、相場の見え方が違うんだって


2013年5月3日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんばんは、FX-Jinです。

GW中、
いかがお過ごしですか?

このメールをスマホで
ご覧頂いてる方もいれば、

自宅のパソコンで
ゆっくり見ている方もいるでしょう。

ここ2ヶ月のちょこっとコラムは、
金本くんに頑張ってもらっていましたので、

今日は、私FX-Jinが、

相場について、今までのコラム以上に
詳しく話をしていきますね。

実は、わたしは、
FXのコンテンツを提供していく中で、
常に思い悩んでいることがあります。

それは、

「どうすれば、より多くのトレーダーがFXで稼げるのだろうか」

ということ。

これは、私の一生涯に及ぶテーマであり、
今後の投資教育の普及のためにも、
常に考え続けるべきことだと思っています。

以前、

昼下がりの公園を
愛犬の「ショコラン」と散歩していた時に、

“なかなか勝てない方からの質問”と、

“勝ち続けているトレーダーからの質問”を

思い出していました。

↓↓↓

×勝てないトレーダー:
「トレードする時の、損切り幅は何pipsにすればいいのでしょうか?」

○勝ち続けるトレーダー:
「相場の波形に合わせて損切り幅を設定してます。
あんまり厳密にpipsを決めてないのですが、大丈夫ですか?」

×勝てないトレーダー:
「上昇トレンドとは、陽線が何本出たときに判断できるのでしょうか?」

○勝ち続けるトレーダー:
「相場が勢いつけてグイーンと切り上がり始めたら、上昇トレンドと考えてもいいのですか?」

×勝てないトレーダー:
「今の相場は、買いですか?売りですか?どちらでエントリーするのが正解ですか?」

○勝ち続けているトレーダー:
「今の相場は、方向感がないので、トレードしたくないですね~~。
売りも買いもせず、しばらく待ってても良いですか?」

・・・

そういえば、

勝ち続けているトレーダーって、
適当だなぁ・・・って思いました(汗

しかし、

その一方で相場の方向性の見方や、

利益確定の場面、

損切りの場面の選び方は『的確』なんです。

これが、いわゆる「裁量」と呼ばれている部分です。

適当だけど、的確。

なぜ、このような感覚の違いが起こるのか
その日一日ずーーーーっと考えていたのですが、

「もしかして、相場の見え方が違うのではないか?」

という結論になりました。

そこで、

勝てないトレーダーの相場の見え方と、

わたしが見ている相場の見え方を

比較してみることにしました。

×勝てないトレーダーの相場の見え方

1)まずは、相場の波形を気にせず、期待感だけで判断する様子

2)相場の動きよりも、pipsで利益確定と、損切りの価格を決める様子

というような形で、

厳密にpipsを設定しながら、
数値をメインにトレードをしていきます。

一方、FX-Jinは、、、

○FX-Jinの相場の見え方

1)まずは、相場の方向性を確認して、今後の相場の動きを波形で判断する様子

2)相場の波形に合わせて、利益確定と、損切りの価格を決める様子

というように、

相場の波形の動きに合わせて
トレードをしていきます。

いかがでしょうか。

これが、勝てないトレーダーと、
FX-Jinの相場の見え方の違いです。

わたしは、pipsなどの数値で
トレード判断することはありません。

なぜなら、

「相場の動きそのもの」にフォーカスしているから。

獲得pipsよりも、

自分の資金量に対して、
利益確定や、損切りの幅が大きすぎたり、
小さすぎたりしないか、
というところを気にしています。

では、

一瞬で相場の波形を読み解いて、

利益を上げ続けられるトレーダーになるには
どうしていけばいいのか。

それには

「ライントレード」の技術の習得。

これが必須だと思っています。

勝ち続けているトレーダーは、
このライントレードの考え方が、
しっかりと身についているので、

サポートラインや、
レジスタンスラインを瞬時に見極めて、

最も利益率のいいトレード判断をしていきます。

ライントレード技術の習得方法に関しては、
ちょこっとコラムや、教材の中でもお伝えしていきますし、

先週の金曜日のメールでお伝えした

「カネモトレーード!」の企画の中でも
詳しくお話していこうと思います。

勝ち続けるトレーダーとして、
相場の動きを見れるようになりたい方は、

ぜひ、ライントレードの習得に
時間を使っていってください。

「あ、なーんだ、意外と相場を攻略するのって単純なんだ。」

ということに気づくはずです。

最後まで、お読みいただき、
ありがとうございます。

また来週のちょこっとコラムでお会いしましょう。

それでは、良いGWをお過ごし下さい^^

FX-Jin

2013年5月8日

カテゴリー:2013年5月

プロフィール

FX-JIN

こんにちは。プロトレーダーのFX-Jinと申します。

FXのスキャルピングで生計をたてているプロトレーダーです。

株トレードを3年、FXトレードを8年、合計11年間の投資経験があります。

FX口座にある400万円ほどを、毎月倍にして利益を得ています。

年間では3000万~4000万円の利益を上げています。

詳しいプロフィールはこちらから

コラムバックナンバー

【2014/11/20 重要なお知らせ】

現在、弊社の配信システムにて配信されるメールがエキサイトメール(●●●●@excite.co.jp)の場合
正常に届かないという不具合が発生しております。


そのため、エキサイトメールをご利用の方は今後、更新のお知らせやセミナーのお知らせなど、
重要なメールが一切届かない可能性もございます。


引き続き弊社からのメールを受信するためにはお手数をお掛けしますが、エキサイトメール以外へ
アドレスの変更をお願い致します。


下記より、メールアドレスの変更申請を行うことが出来ます。

http://forms.mail-box.ne.jp/cross/adress_change/

新規でメールアドレス取得が必要な方は
下記よりフリーメールアドレスを取得してください。


▼Yahooメール
http://promo.mail.yahoo.co.jp/


▼Gメール
https://accounts.google.com/SignUp



下記はフリーメール取得の
マニュアルサイトとなっております。
どうぞ、ご参考ください。


▼Yahooメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2090.html


▼Gメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2150.html



ご不明点や、疑問点がございましたら、いつでも下記までご連絡ください。

(※件名に「エキサイトメールの変更に関して」とお書きください)
info@fx-jin.jp