2013年2月1日号
【FX-Jin】FXのちょこっとアドバイスコラム(毎週金曜日の定期配信)


こんにちは、FX-Jinです。

今日から2月です。

つい最近、2013年を迎えたと思ったのですが、
あっという間に1年の12分の1が過ぎ去ってしまいましたね。

2月は1年の中で最も寒い月になることが多いので、
体調には気をつけてくださいね。

さて、本日のコラムは

《 一流:勝ち続けられる 》トレーダーと

《 二流:知識はあるけど負け続ける 》トレーダーの

違いをお伝えしましょう。

この違いを知っておくと、
相場で勝ち続けるために必要な情報がわかるので、
最短で勝ち続けることができるようになります。

ぜひこの違いを理解しておいてください。

一流と二流の違い、

それは、

相場で起こっている事実に対して、
「予測」しているか「確率」で考えているかの違いです。

ここが一流トレーダーと
二流トレーダーでは大きく異なるんです。

どういうことか
早速ご説明しますね。

例えば、、、

・今は上昇相場である

・21時に指標発表がある

・相場は波形を描きながら動く

これらは、事実に基づいた情報ですね。

二流のトレーダーたちは、
この事実を元にして「予測」を始めます。

例えば、

・今の相場は過去に類を見ない下落相場である(←事実)だから、もう底をつけているはずだ(←予測)

・21時に指標発表があるから(←事実)、必ず相場は下落するはずだ(←予測)

このように、事実を自分のいいように解釈してしまうのです。

「事実」と「予測」がセットになると、
予測の信ぴょう性があると錯覚してしまうんです。

このように、あたかも事実の延長線上に
ある予測を本当っぽく言っていたり、
それを信じてしまうのは二流トレーダーです。

その考え方で勝ち続けることは難しいでしょう。

一方、一流のトレーダーは
事実に基づいている情報を元にして「確率」で考えます。

例えば、

・今の相場は過去に類を見ない下落相場である(←事実)、
過去チャートを検証した結果、相場はトレンドを作りやすいという特性がある(←事実)
だから売りを入れるほうが勝つ確率が高い(←確率)

このように、事実をもとにして、
勝つ確率が高い方に資金を投入します。

そして、負けたとしても潔く撤退します。

一流トレーダーは確率で考えていますから
負けた時も特に気にしません。

「トータルの確率で見たら、負ける場面も出るよね」と思えるからです。

相場の動きに100%こうなる
という動きはありません。

何億人、何十億人というトレーダーや企業が、
世界中で通貨の交換をしているわけですから、
それらを全て予測して、完全に理解することは不可能です。

しかし、確率で考えることができれば、
勝つときは最大限まで利益を伸ばせますし、
負けてしまった時でも対策がとりやすくなります。

未来相場は誰にもわかりません。

しかし、実際に未来相場を予測するかのように
勝ち続けているトレーダーが多くいるのもひとつの事実。

それは単に、勝てる確率の高い方法を
淡々と実践しているからなんですね。

トレードで熱くなりすぎてしまうと
「予測」でトレードしがちです。

そんな時は
「今のトレードって、勝つ確率が高いトレードだったっけ?」

と、自分のトレードを一度
振り返ってみるといいでしょう。

あなたも「確率」で考えて
一流トレーダーの仲間入りを果たしてくださいね。

PS.
昨日で、TSP(トップトレーダー育成パッケージ)の
二次募集を締め切りました。

本日より、TSPのサポート期間がスタートしています。

この3ヶ月間で勝ち続けられるトレーダーを
一人でも多く輩出するために、
ガンガン学習してもらおうと思います。

TSPの三次募集は完全未定となっていますので、
ご了承くださいね。

この3ヶ月間は集中して
トレーダーたちの育成をしていきたいと思います。

次回のコラムは、
2月8日(金)に配信です。

今日のコラムも最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

お休みの方も、お仕事の方も、
素敵な週末をお過ごしください。

FX-Jin

2013年02月01日