こんにちは、FX-Jinです。

最近ではアベノミクス効果で
グングン上昇していたドル円相場も、
100円付近をフラフラと漂う
レンジ相場となってきました。

ちょうどドル円が上昇しているタイミングで
FXに参入してきた投資初心者の方は、

これまでは上昇上昇で買いポジションを建てて
利益を上げてきたものの、
今の不安定な相場に戸惑っていることでしょう。

ご存知の方も多いかと思いますが、

実際はちゃんとトレード技術を学んでFXに取り組めば、
今のドル円相場でも、ちゃんと利益を出すことは、
可能なのですが、、、

初心者が陥りがちなのが、

なんとなくブームに乗って、
なんとなくトレードをして、
なんとなく勝って、
それなりに利益が出て、
そのあと大負けする。

というパターンです。

心当たりのある方も多いかもしれません。

ちなみに、私はそのパターンでした(汗

FXで最も利益を出すためのトレードは
相場の動きに合わせてトレードしていく裁量判断。

そして、その裁量判断を身につけるための
近道が「ライントレード」をマスターすることです。

ライントレードとは、
私が得意とするチャートの読み方で、
チャート上にトレンドラインと呼ばれる斜めのラインと、
サポートライン、レジスタンスラインと呼ばれる
横のラインを引いてトレードする手法です。

もちろん、初心者が、
このライントレードから学んでもいいのですが、

「チャート以外に指標となるものが欲しい」

「もっと簡単にトレードを始めたいよ」

という方にはインジケーターを
使ったトレードがおススメです。

インジケーターとは、
チャートを分析するときに便利な
過去から現在の相場の状態を示す指標です。

有名なものだと、
MACDやCCI、ストキャスティクス、
といったインジケーターが有名ですね。

このインジケーターは、

相場が上がってきたので、そろそろ買い時ですよー。

相場が下がってきたので、そろそろ売り時ですよー。

といったように、
具体的な売買ポイントを教えてくれる
便利なツールです。

初心者だけでなく、プロトレーダーも
お気に入りのインジケーターの指標に従ったトレードで
利益を上げている方も多いです。

私の知る限りでも、
インジケーターを使っている
プロトレーダーは、過半数以上いますね。

ただ、ここで注意したいのが、
インジケーターは、あくまでシステマチックに、
買いや、売りの判断をしているということ。

相場は様々なトレーダーや
国の情勢が絡み合い、
複雑に動き続けているので、

完全にシステマチックなツールでは、
対応しきれないのです。

そこで重要なのが、
トレーダーの「裁量判断」と呼ばれる、
自己判断能力です。

自己判断能力といっても、
そんなに難しいものではなく、

インジケーターのシステマチックな判断に対して、
ここは良い相場じゃないからトレードは止めようとか、

インジケーターの判断の通り、
利益が出やすい相場だから従おう、
といった見え方ができるようになれば良いんです。

インジケーターのいいところは、
複雑な相場の動きを分かりやすく、
そして見やすく表してくれるところ。

そのわかりやすいインジケーターの動きと、
トレーダー自身がチャートを読む裁量判断を加えれば、
FXの初心者であったとしても、
ちゃんと勝てるようになります。

もちろん、
お金を稼ぐための技術ですから、
ちゃんとしたトレーダーの方から、
しっかりと継続的に学び続ける必要はあると思います。

もし、こういった、
インジケーターと、
裁量判断を組み合わせたトレードを
学んでみたい、試してみたい、
という方がいれば最近リニューアルした
「FX革命DX」を試してみるのも良いでしょう。

このメールを見てる方で

「すでに実践しています!」

という方も多いのではないでしょうか。

すでに、6000人近くの方が
FX革命DXを実践していて、
喜びのメッセージなども頂いているので、

まだ手にしていない方がいれば、
ぜひ試してみるのも良いでしょう。

FX革命DX
http://s-url.bex.jp/hgmy

誰から、どんなトレードや、
投資の技術を学んでいくのかは、
あなた次第ですから、必ずこのFX革命DXから
始めなければいけないわけではありませんが、

インジケーターと、
裁量判断を組み合わせて、
着実に利益を積み上げていくための
トレードを学びたいとお考えなら、
ぜひ、試してみてください。

9/5(木)の25時59分で販売終了
となりますので、今のうちにどうぞ。

インジケーターで利益を上げるための方法は、
裁量判断を加えること、と覚えておいてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日のちょこっとコラムはここまでです。

また次回のコラムでお会いしましょう。

FX-Jin

2013年08月09日