こんにちは、FX-Jinです。

先週のちょこっとコラムでは
「クレーム覚悟」でメールを書かせていただきました。

そこで、さっそく先週のメールをご覧になった方から
多くの返信をいただきました。

今日はその中でも、非常に良いご意見を下さった方がいたので、
そちらをご紹介しようと思います。

ぜひ、今後のFX学習と
トレードの参考にしてもらいたいと思います。

↓↓↓

———————

FX-Jin 様

いつも、お世話になっております。

今回の「ちょこっとコラム」の内容、その通りだと思いました。

私もJinさんが出された教材の殆どを購入いたしました。

そのお陰で、トレード技術が飛躍的に向上しました。

今のところ、Forextester2またはデモトレードですが、
資金は見る間に増えていきます。

リスクは2%以内に抑えていますが、
5日で資金が2倍になることもあり、
想定の何倍もの利益が出ています
(もちろん、そのトレードがリアルトレードで出来るかどうかは、
全く別の事というのは承知しております)。

今回の「ちょこっとコラム」の内容は賛同できるけど、
例外もあるなと思いました。

いくら優れた教材であっても、
それが購入したユーザーの思考に合っていない、

あるいは難しすぎて理解できなければ、
その価値は見出せないと思います。

もちろん、理解する努力が足らない
というケースもあるとは思います。

あるプロトレーダーの教材は、
有名なプロトレーダーからの推薦が
あったので購入したのですが、
内容はインターネットで簡単に入手できるものばかり。

しかも、資料は誤字脱字のオンパレード。

この教材、10万円以上したのですが、
1万円でも高いと思いました。

一応最後まで目を通しましたが、
それも時間の無駄でした。

残念で仕方ありません。

私が参考にしている無料のサイトは、
世の中で高く評価されている教材などに、匹敵するような内容です。

動画も充実していて、解説も分かりやすいです。
質問をしても、すぐに丁寧な回答が返信されてきます。

例はこれくらいにしておきますが、
基本の部分ではJinさんと同じ考えです。

Jinさんの教材から学ぶことはたくさんありました。

それがあったからこそ、今の自分があるのだと思います。
ありがとうございました。

最後に、ひとつだけ聞いて下さい。

私はライマスユーザーなのですが、
この教材は、今までJinさんが、
様々なオンラインセミナーや教材、
動画で説明されたことをすべて収集して、
纏め上げたら、これに近いものが出来上がると思いました。

つまり、基本的なところは共通しているのだと思いました。
でも、ライマスは、それらが整理されて、
順序立てて解説されているところに価値があるのだと思いました。

お忙しいところ、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いします。

———————

こちらは9月14日(土)の21時頃に
西山(仮名)さんという方からいただきました。

本当にありがとうございます。

こちらのご感想は是非、
多くの方にシェアさせていただきたいと感じたので
掲載せさせていただきました。

私の考えに賛同いただき、
そして、今も「ライマス(FXライントレードマスタースクール)」で
実践トレードを学ばれているということで、
今後ともよろしくお願いします。

私はこのメールを受け取った瞬間に直感で思いました。

「あ、この方は成功するな」と。

なぜ、そのように感じたかというと、

“自己判断をしっかりされている”というところです。

「Jinさんの意見には賛同します。ただこういう例外もあると思います。」

というように、
私の意見を聞いてくださった上で、
自分自身の判断の基準も持っていらっしゃるので
とてもトレーダーとして優秀な方なのだと感じました。

このようなメッセージを頂く毎に
私自身も読者さんに学ばせていただいるなぁと、
つくづく感じています。

そして、もちろん私も西山さんの意見に賛同です。

ただ、私のほうが西山さんよりも
お金に鈍感なのかもしれません(笑

一番に共通するところとしては

「学習のために、お金を使っている」というところです。

西山さんは「これは使えない」という教材も
購入されたとのことでしたが、
この点でも私も同じでした(汗

そして、無料でも非常に優良な情報がある。

という点も私は賛同します。

しかし、西山さんがこの部分に気づけたのも、
それが良い教材であったとしても、
悪い教材であったとしても、

学習のためにお金を使ったからこそ
気づけたのではないかと思います。

全部を無料で学習しようとしているうちは
どの情報が良くて、どの情報が良くないのか
判断をつけることはできません。

有料で「質の高い情報」「質の低い情報」

無料で「質の高い情報」「質の低い情報」

この4つを知ることで、
初めて判断がつけられるのではないかと考えています。

「質の悪い情報にお金を払うなんて」

と感じるかもしれませんが、
これはFXでいうなら“損切り”です。

質の悪い情報を得てしまったのであれば、

・なぜ、自分がその情報に手を出してしまったのか?

・どこに魅力を感じて、その情報にお金を支払ってしまったのか?

ということを分析すれば、
二度と同じような情報を手にすることはありません。

例えば、今回の西山さんが購入してしまった
質が悪いと感じた教材の件で言えば

「有名なプロトレーダーの推薦があったから」

購入してしまったわけです。

この経験があったおかげで西山さんは

「今後は有名なトレーダーの紹介であっても、
ちゃんと商品そのものを判断できるようにしよう」

と、感じられたはず。

FXトレードも、学習も長期的な視点で、
取り組むといろいろな心理が見えてきて面白いですよ。

あなたが、本当に勝ち続けられる
トレーダーになれるよう祈っています。

そのためのお手伝いがこのメルマガや、
私の教材でできれば幸いです。

先週に引き続き
良い3連休をお過ごしくださいね。

それでは。

FX-Jin

2013年09月20日