アロハ~、FX-Jinです。

ただいま、ハワイに来ています。

今回の目的は仕事ではなく、
のんびりとした旅行、です。

この数日間は、チャンスがあればトレードもしつつ、
より深く、より分かりやすいFX教育プログラムの構成や、
今後の会社の発展についてなど、

日々の業務の中ではゆっくり考えられないことを、
じっくり腰を据えて考えたいと思います。

とはいえ、一緒に来ている金本くんには

「旅行の時くらいは、仕事のことを忘れる時間もとりましょうよ!」

と言われたので、
リフレッシュする時間も作っていこうと思います。

ちなみに、私は人生で初めてハワイに来たのですが、
正直、こんなに良い所だとは思っていませんでした。

気候は温暖で湿気も少なく、
風がめちゃくちゃ気持ちいいんです。

ハワイについての予備知識はゼロでしたが、
行った人がみんな「ハワイはいいよ~^^」と言う気持ちが
わかるような気がします。

旅の思い出に、
写真もたくさん撮りたいと思っています。

現在までに撮影したものを、
ちょっとだけお見せしますね^^

『ハワイに到着』

金本君とのツーショットです。
さっきも書きましたが、気候が温暖で
とても気持ちいいです。

『ホテルからの景色』

見てください、この青空!
澄み渡る景色に、
気分はすっかりリフレッシュです^^

『困っている金本くん(笑)』

とある店で「抹茶アイス」を頼んだのですが、
毒々しい色で、もろに人工的なアイスだったので、
金本くんは困っていました(爆笑

ちなみに、金本君の右手のポーズは、
ハワイでの有名な挨拶“シャカ・ブラー(Shaka Brother)”ですね。

“気軽に”とか“大丈夫”という意味があります。
相当気に入ったようで、写真を撮るごとに
このシャカ・ブラーをやってます^^;

そして今回、会社は社員に任せ、
数名の役職者で旅行に来ているのですが、
実は、単に遊びに来たというわけではありません。

どういうことか。
それはこの先の文章をお読みいただければ
お分かりいただけると思います。

今回のコラムは、トレードや投資、
そしてあなたの人生すべてにおいて、
非常に重要な話になるかもしれませんので、
どうぞ心してお読みください。

———————

人生を左右するのは“タイミング”

———————

タイミングというのは、トレードにおいても、
人生においても、とても重要です。

会話の中でちょっと話しかけるタイミングを変えるだけで、
伝わるものも伝わらなかったり、
逆に上手く伝わったり、、、という経験はありませんか?

日常の些細なこと、仕事、そしてトレード、、、
様々なシーンで、誰しもが
似たような経験をしていると思います。

何か新たに物事を始める場合、
タイミングがとても大切になります。

実は、このタイミング。

ちょっとしたコツを知るだけで、
自分自身にとって最良のタイミングを
自由につかめるようになります。

あなたは、FXの相場で頻繁に現れる
「レイヤー」という概念をご存知ですか?

私が、よく動画やメルマガでお知らせしている概念で、
直訳すると、レイヤーとは「層」という意味になります。
相場の中にも「層」が存在するんですね。

相場は、このレイヤーが重なることで、
トレンドを形成していくことが良くあります。

こんな感じです

このように、相場が一度上のレイヤーへと移動すると、
相場が下のレイヤーに戻りにくくなります。

このことを、私は「レイヤーに乗る」
と表現をしているのですが、

これは、トレード以外のことでも、
非常に有効な考え方となります。

どのような出来事にしろ、
この「レイヤーに乗る」という瞬間が必ず訪れます。

タイミングをつかむのが上手い方は、
この「レイヤーに乗った」タイミングを逃しません。

例えば、起業したり新たに仕事を
始めるときもタイミングが大事です。

その事業を始めるために、今は
時代にあったタイミングなのかどうか。

その時代性は、今後も継続し、
事業を続けていけるような土壌なのか。

そして、そのような土壌に飛び込み、
レイヤーに乗るタイミングとして、今は適切なのかどうか。

これらを上手く見極められてこそ、
正しくレイヤーに乗り、
より良いタイミングを掴むことが出来るのです。

また、その仕事を始めるに当たっての人との出会いも
タイミングによっては結果が左右されますので、
よく見極めていく力が必要ですね。

多角経営についても、同じことが言えます。
これはトレードの分散投資と似ています。

多角経営をすると、その会社の基盤がしっかりして、
リスクヘッジできると言われています。

この理論自体は、間違っていません。
トレードにおいても同様で、分散投資の概念は重要です。

しかし、ここも“タイミング次第”で、
その後の結果が大きく分かれます。

会社の初期段階で多角経営をしてしまうと、
その会社はほぼ間違いなく、いずれ倒産します。

会社の初期においては、
企業が持っている労力やエネルギーを
分散させてしまう多角経営は厳禁なのです。

進出分野は必ず一つに絞り、
そこに集中しなければなりません。

日常生活においても、それは同じです。

新年の誓いを、あれもこれもと分散して立てたけれど、
結局何も成し得ないまま一年終わってしまった、、、
という経験、ありませんか?

トレードにおいても同じです。

分散投資は非常に有効ですが、
その思考を取り入れるタイミングは、
会社経営と同じで、レイヤーに乗ってからです。

ここで言うレイヤーとは、
1つは“トレードの学習レベル”のレイヤーです。

トレード学習の初期段階では、
まずは1つの手法を磨くべきです。

そうして、1つの手法を使いこなせるようになってから、
複数の手法に分散していきます。

このタイミングを間違うと、
トレードの学習が思うように進みません。

そして、手法の分散の次の段階には、
資金の分散という段階があります。

これは、稼いだ資金を保全するための資金分散の段階です。

トレーダーとしての自信がつき、
稼いだ資金が貨幣に偏っていると感じた段階が、
資産分散のタイミングとなります。

これらの分散のタイミングをしっかりと掴むことで、
あなたは最良のレイヤーに乗って、
進んでいくことが出来るのです。

ちなみに、投資の分散先として挙げられる
Goldや株式、不動産なども、
購入のタイミング次第で結果は左右します。

どんな事柄においても、
それぞれのフェーズにおいて、一つのことを極めて、
「レイヤーに乗った」段階で取り入れていくのが、
ベストなタイミングと言えるのです。

日常生活も、トレードも、そして仕事も、
何かを行う時はタイミングを重視してみましょう。

トレードにおけるタイミングをつかむコツが分かってくると、
焦らず、いいタイミングでのエントリーや、
決済ができるようになってきます。

そうすると、もし、それまでのあなたが
「とにかくトレードの数を多くして、稼ぎたい」
「相場を見てると、ポジションを取りたくなってしまう」
というポジポジ病であったとしても、
徐々に改善されていくはずです。

トレードでタイミングがつかめるようになると、
日常生活でも、仕事でも、そして人との出会いでも、
良いタイミングをものにできるようになってきます。

この“良いタイミング”さえつかめれば、
あなたは今よりも成功に近い道を
選んでいける人になるでしょう。

さて、長くなってしまいましたが、
私がハワイに来ているのも、
会社の業務内容や、実務には口を出さず、

「経営」に集中すべきタイミングにきたからです。

どうしても、日本国内、ましてや会社内にいると、
日々業務を遂行してくれている
スタッフの手伝いをしたくなってしまいます(汗

しかし、長期的な会社の経営のことを考えるのであれば、
そこは、現場の人間に任せるべきなのです。

そして、私は次の事業である、投資の学校の設立や、
プロトレーダー講師の発掘やプロデュースに
着手していく必要があります。

国外に行ってしまえば、私がいなくても、
必然的にスタッフ側でどうにかしなければならない状況になりますし、
それが、会社として当然の形になってくれます。

中には私の行いを
「無責任」だと思われる方もいるかもしれません。

しかしそれ以上に、私には企業の代表として、
クロスリテイリング株式会社を
これから、10年、20年、100年と続く企業に育て上げ、
日本の投資業界を牽引していく存在にする義務があります。

そして、一人でも多くの経済的自由人を輩出して、
社会貢献していくには、
今は私が会社から一定の距離を取るべきタイミング(レイヤー)に移ったと
判断したのです。

あなたも、トレードをするとき、そして日々の生活の中で、
このようにレイヤーが切り替わるタイミングを
意識してみてください。

あなたにとってベストな瞬間が、
きっと見えてくるはずです。

今日は、FX-Jinがハワイからお送りしました!

それでは、良い週末をお過ごしください^^

FX-Jin

2014年01月24日