こんばんは、FX-Jinです。

さて5月に入りました。
雨が主役になる時期です。

私はあの梅雨の時期、
特有のジメジメが苦手です。

湿気が多くて服などがカラッと乾燥していないのが、
どうも気になってしまいます・・・

雨に濡れたシャツが、

「ピトッ・・・」と肌に。

・・・苦手です。

ですので、
湿気を多く含んだシャツも、
・・・もちろん苦手です。

なんとかてるてる坊主などに頑張ってもらって、
雨の日が少なくなるといいなぁなんて、
今から思っているところです(笑)

さあ、それはさておき、

以前に、継続と進化(改善)のこの2つは、
目標の達成には欠かせないものである、
とお話ししましたね。

あなたは憶えてらっしゃるでしょうか。

今回はその内の一つ、「継続」にスポットあてて、
お話ししていきます。

ではまず、あなたに質問します。

”あなたは忍耐力のある方ですか?”

いかがでしょう・・・
大半の人は首を傾げるのではないでしょうか。
私も過去は忍耐力に欠けている人間でした^^;

なかなか継続することは難しいです。

何か新しく始めても三日くらいしか続かない、
いわゆる”三日坊主”というものですね。

この三日坊主が、
あらゆる場面において顔を覗かせ、
手招きをしてきます。

その”三日坊主”とやらは、
何か新しく物事を始めたとき、

あらゆる、
もっともらしい“やめてもいい理由”を並べて、
私たちに見せてきます。

そして、
「そんな事を考えてはダメだ・・」と思いながらも、
その、もっともらしい理由を肯定化させて、
挫折してしまうのですね。

誰しもこの”三日坊主”というものを、
経験済みではないでしょうか。

せっかくのやる気が持続させず、
結果に結びつく前に挫折させてしまうなど、
まったく厄介な存在です(汗)

そんな、どのような人の前にでも現れるこの”三日坊主”を、
とあるいくつかの方法によって、
追い出してしまいましょう!

というわけで今回は、
”三日坊主”脱却への思考転換について、
お話ししていこうと思います。

これは社内スタッフが行っていたもので、
実際に結果も出たそうです。

ちなみにこのスタッフは、
以前まで、
”筋金入りの三日坊主”
だったそうです。

筋金入りとは、
驚いてしまいましたが(笑)

さて、そんなスタッフの考え方を、
早速ご紹介しましょう。

その考え方とは、

「三日続いて、
四日目に続かなかったら、
そこで諦めないで五日目に再開させることに意識を置く」

というものでした。

「だからそれが難しいから出来ないんだ!」
と思った方もいるでしょうか。

確かにそうですね^^;

しかし、あなたは続かなかった日に、
「はい!ゲームオーバー・・・」
かのごとく諦めていませんか?

もしかしたらそれは、”再開”というものを、
そもそも始めから意識していない、
ともいえるかもしれません。

また、継続すると決めたからといって、
それを始めの内から、
「完全にしよう」と考えてしまえば、
苦しさも増すというものです。

何か新しいことを始めたばかりの時は、

「始めたばかりだから、
挫折(休憩)を取ったとしても
再開させることが何よりも重要なんだ」

という考え方にシフトさせると良いかもしれませんね。

つまり始めの内は、
継続することよりも、
その次の日に、

”再開できるか”どうか、

ということに意識をおいて、
新たな物事を始めるようにすると、
効果が出るそうです。

「そんなの当たり前のことだ!」

と感じられるかもしれませんが、
実際、その当たり前を実行出来ない人が多いのは事実です。

そして、その原因となっているのは、
意識を集中させるポイントだったんです。

繰り返しお伝えしますね。

続けられなかった事を悔やむより、
”次の日に再開させる事”に、
意識をシフトさせてみてください。

また上記に合わせて、
これからお伝えする事も行っていただければ、
より効果的であると私は考えています。

”次の日に再開すること”を意識するだけでも、
社内スタッフはこの方法で、
実際に”筋金入りの三日坊主”を脱却できました。

しかし、より効果を高めるのであれば、
物事を始めると決意した、そのやる気のある内に、

・物事を達成した場合のメリット
・達成できなかった場合のデメリット

を具体的に紙に書き出してみてください。

初心忘れるべからずと言いますが、
目標を立てたときの最初の気持ちを忘れずに、
意識し続けることは、
一つのことを続ける原動力となります。

また、何かを始めるときは、大きな目標を立ててから、
それに向かって物事を進めるかと思います。

その際に、
その目標を達成するために必要な、
段階ごとの小さな目標も立てておくのが望ましいかと思います。

長い道のりの途中に、
小さな達成ポイントを設けておくことで、
自分がどこまで目標に近づけたのか、
自分がどれほど頑張ってきたのかが分かるからです。

そしてここからが特に重要で、

各、小さな目標にのみ、
”猶予付きの達成期限を決める”
という事を実践してみましょう。

なぜ小さな目標にのみなのかというと、
大きな目標に期限を設けてしまうことによって、
そちらにばかり意識が飛んでいってしまいます。

結果として、
「まだ時間はあるし大丈夫」という、
三日坊主の種、
いわゆる”怠け”を生んでしまいかねないのです。

要は、そういったリスクをあらかじめ消し去ることが、
”小さな目標にのみ期限を決める”
という行為で達成されるわけですね^^。

あなたも、もし、
この”三日坊主”に悩んでいるようでしたら、
是非、試してみてくださいね。

まずは行動することが大切です!

それでは、また次回お会いいたしましょう。

FX-Jin

2014年05月02日