こんばんは、FX-Jinです。

突然ですが、
あなたは行ってみたい国ってありますか?
好きな国でもいいです。

実は私、
最近またちょこっと、
どこか海外旅行に行きたいなって思っています。

旅行会社のパンフレットを見るだけでも、
なんだかワクワクしてくるんです(笑)

私はオーストラリアへの海外留学をはじめ、
インドやロシア、タイなど、
様々な国へと渡りました。

言葉や土地は異なっても、
どの国でも共通していることがあります。

それは

【自分の価値観や視野が広くなった】

と、いうことです。

その国々特有の文化がありますし、
日本では考えられないことだってたくさんあります。

例えば、
インドでは身体の右側が「浄」、
左側が「不浄」とされているんです。

だから握手をするときや、
食事をするときは「浄」の右手を使う習慣があります。

でも、
日本ではそんなことを気にはしませんよね。
もちろん宗教・文化の違いが大きな理由だと思います。

ただ、そんな違いを知ることができたという経験や、

「こんな習慣や文化があるんだ!」

と感じて視野が広がったと思っています。

「視野が広がる」というと
少し抽象的かもしれませんね。

つまり、色んな国に渡って文化を知ることで、
多方面からの視野が持てるということです。

自分の主観だけに捉われないで、
柔軟な考えができるようになったと感じています。
 
 
視野を広げるのは
トレードでも大切なことです。

視野が狭くなってしまうと
どうしても周りが見えなくなってしまいます。

ひとつのことに集中しているけれど、
集中しているあまり
人の声も聞こえないなんて人もいたり・・・。

確かにひとつのことに集中するのも、
先々を見て行動するもの大切ですよ。

でも、そこにプラスして、
自分が何をしていたか、
自分が何をしてきたか、
そして何を考えていたか。

そう振り返るときって必要だと思います。

トレードをするときも、
直近のチャートの動きをしっかりと確認するのが重要。

でも中には、
トレードをしているとき、
パニックになってしまう方もいらっしゃいます。

そういう方は、
「上手くやろう上手くやろう」と意気込みすぎてしまい、
かえって緊張感を増してしまっているんです。

そのため、視野が狭くなってしまい、
直近のチャートを見ないで、
トレードに臨んでしまうなんてことがあります。

そんなときは一度目を閉じて深呼吸をしてみたり、
少し時間を置いて、
またあとでトレードに挑戦してみたり、
なにかしらの環境の変化が必要です。

あと、お時間が空いているときには、
新しい趣味を探したり、
長い間会っていない学生時代の友人に会ってみるなどしても、
あなたご自身の視野を広げることにつながっていきます。

何も海外旅行だけが、
視野を広げるってわけじゃないんです。

それに、

「視野を広げる!」

と意気込まなくても大丈夫。

何かいつもと少し違う変化があれば、
それが視野を広げることになっていくんですからね。

そして、視野を広げていくことが
トレードをしていく上でも大切なことと言えます。

よろしければ、
ちょこっといつもとは違うことを
してみてはいかがですか?

私も色々な経験や発見をして、
自分自身を磨いていこうと思っています^^
 
 
今週は「視野」についてお話しをさせていただきました。

人生でもトレードをしていく上でも、
視野を広く持つことが大切だということを、
なんとなく感じていただけましたら幸いです。

それでは、ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。

また次回、お会いしましょう!
 
 
 
 
FX-Jin

2014年06月06日