こんばんは、FX-Jinです。
 
 
先週のコラムでお話しさせていただきました
伊藤執行役の結婚のお話ですが、

クロスの社内スタッフも
Facebookでお祝いの記事を上げてくれました。

ぜひ、ご覧ください^^

▼クロスリテイリング株式会社 公式facebook
facebook

伊藤くんは「いいね」の数やコメントに喜んでいます!

その気持ちを後押しに、
これからもがんばっていきたいと話していました。
 
 
時が過ぎるのはあっという間で、
1年前の今ごろは、彼がこんなに早く結婚するとは思ってもみませんでした。
 
 
そして時が過ぎるのが早いといえば、
9月の連休からもあっという間で、
明日からはもう10月の連休となりますね。

あなたはどこかへお出かけをする予定とかは
ありますか?

私の方は、9月の連休に家族とどこへも出掛けられなかったので、

明日からの連休の最終日、
私の都合が良い月曜日に、どこか出かけらたらと考えていました。
 
 
しかし、
その日には台風が上陸する可能性があるらしいですね。。。

なんとも運が悪い・・・。
 
 
ただ、だからと言って
諦めるわけではありません。

外に出られないのだったら、
家の中で、家族とのんびり過ごそうと思っています。

こんな感じで、台風が来る可能性があれば、
来たときに備えて別のプランも考えます。
 
 
これはトレードと同じです。
トレードでは予測を立て計画的に行うことが大切です。
そして利益を狙える動きと同時に、

ショック相場などの突発的な動きにも備えて、
損切りを設定してリスク管理をします。

もちろん、ショック相場でなくとも、
普段からの損切り設定は大切ですよね。

相場がどのような動きをしたとしても、
損切り設定によってリスク管理を怠らなければ、
最小限の損失に抑えられます。
 
 
そのようにリスク管理をするには、
エントリー前に計画立てることが大切です。

エントリーをするときに、
どの位置を損切りラインにするか、
どこまで相場が動いたら決済をするかを、ある程度決めるかと思います。

その計画立てを放棄してしまうと、
損失が出てしまった場合は、あっという間に資金を失ってしまいます。
 
 
「相場は明日もある」
 
 
と思っても、
 
 
「資金はもうない」
 
 
では、もちろんトレードはできません。

日本人は損切りを躊躇して負けてしまう方が、
とても多くいます。

私自身も損切りができない時期が過去にありましたし、
その気持ちは痛いほどよくわかります。

ただ、
 
 
「損切りは必要経費である」
 
 
と割り切ることで、
トレード人生が大きく変わりました。

損切りになってしまっても、
トータルでしっかりと利益を出せば良いですし、

相場が予測と逆に動いてしまった場合は、
きちんと損切りをすることが大切なんです。

ノーリスクの投資はありませんし、
どんなことにでもリスクは発生すると心掛けるのです。
 
 
また、リスク管理という点では、
ポジションの分散も重要。

投資の基本は分散であり、
通貨ペアごとに分ける、時間足ごとに分けることで、
リスクを分散することができます。

一つのポジションのみでトレードをして、大きな損失を出してしまったら、
資金はすぐに失ってしまいます。。。

分散投資はリスクを出来るだけ最小限に抑え、
最大限の利益を手にすることができる、非常に有効的な方法です。

例えば、1.0ロットで1つの通貨ペアで1つのポジションを持つのではなく、
0.5ロットで通貨ペアを分散して保有する、などの方法ですね。
 
 
どんなことにもリスクはありますし、
そのリスクを最小限に抑えるため、

リスク管理は大切だということを
心掛けていただければと思います。
 
 
 
今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

充実した連休をお過ごしください!

それでは、
またお会いしましょう!
 
 
FX-Jin

2014年10月10日