こんばんは、FX-Jinです。

4月に入り、
初々しい新社会人を多く見かけますね。

私が社会人になったのは、
大学を卒業したあとでした。

東京での就職は決まらず、
結局は田舎に戻って公務員として仕事を始めました。

ただ、公務員として勤めて3年目、
自分がやりたいことが見つかっていないと気づきました。

それから公務員を辞めて、
海外を旅したり、いろいろな仕事もしてみました。

仕事はどれもなかなか続かなく、
そんなとき投資と出会い、

株投資なども経験し、
今はFXを行なっています。

そんな私の過去を振り返りつつ、
新年度となった今、新社会人の人たちをみて、

「初心を忘れないことが大切だな」

と思いました。

Facebookでも昨日、
スタッフが紹介していましたが、

クロスリテイリング株式会社でも、
社内の心得で“初心忘るべからず”とあります。

これは私にも該当することで、
社会人になったときのことや
FXをはじめたときのことを忘れずに、

“初心忘るべからず”の精神で
これからも精進していきたいと思います。
 
 
FXでもトレードに慣れてきたら、
エントリーの判断を軽んじたりしてしまう恐れがあります。

勝てるようになったときこそが、
1番油断しやすいときですので、

慣れてきたときこそギャンブルトレードにならないように、
根拠をしっかりと持ったトレードをしていきましょう。

・FXを始めたとき

・初めて負けてしまったとき

・初めて勝ったとき

そんなときを振り返り、
その時々はどんな気持ちだったかを
思い出してみるといいかもしれませんね。

未熟だったときのことを思い返すことで、
また同じことを繰り返さないようにと、
気持ちを引き締めることができます。

新年度の4月に入った今、
ちょうどそのタイミングかな、と思います。

FXでは経験からの思い込みによって、
損失を被ってしまう可能性もあるので、

FXをはじめたときのことを思い出して、
慎重さを忘れないようにしていきましょう。

それでは、良い週末をお過ごしください。
また、お会いしましょう。
 
 
FX-Jin

2015年04月03日