こんばんは、FX-Jinです。

メジャーリーグで活躍中のイチロー選手が、
メジャー15年目のシーズンで
初安打を放った様子がニュースで挙げられました。

数々の偉業を残してきたイチロー選手。
彼の名言にはFXに通ずるところがたくさんあるんです。

その名言なかの1つに
このような言葉があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
僕には苦痛に耐えるという概念がない。

たとえば200kgのバーベルでスクワットを
何回もやったらどこか体は痛むはず。

僕の体はそういう意味で負担がかかっていない。

すべての行動の基準は、
体が求めているからやる。そうでなければやらない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イチロー選手は苦痛と感じるトレーニングはせず、
身体にストレスを極力感じさせないことで、

自分の必要な範囲内で
日々コンスタントに練習を続けて
成果を出しています。

このイチロー選手の精神が、
どうFXにつながるのかというところですね。
 
 
FXで利益を上げ続けるためには、
継続的な学習が欠かせないというお話しを
何度かお伝えしてきましたね。

ただ、極端な話、1日10時間の学習をするとしたら、
体力面や精神面にも大きな負担がかかりますし、

集中力も10時間続くわけではなく、
学習内容も身につきやすいとは言えません。

それに、その学習量を
毎日続けるのは正直困難だと思います。

ですので、最初は自分の許容範囲内で学習を進めていき、
慣れてきたら学習の時間と内容を変えてみたりして、
徐々に自分をレベルアップしていくことが大切です。

そのためにも、
ご自身に負担が強くかかるような学習方法ではなく、

毎日コンスタントに続けられるような
無理のないFXの学習をしていくと良いでしょう。
 
 
また、イチロー選手のこの言葉は
学習だけではなく、トレードにもいえることです。

自分の許容範囲を超えるようなロット数を入れたり、
無理やり損切りをズラしたりして、
資金や精神に負担がかかるようなトレードはやめましょう。

自身が無理のないと感じる範囲内で
少しずつスキルアップを目指していけばいいんです。

学習もトレードも、
ご自身に大きな負担にならないように
行うことが大切です。

新年度のスタートで、
勢いつきすぎてあとでバテてしまわないように、
ご自身のペースを見つけてトレードに取り組んでいきましょう。

それでは、良い週末をお過ごしください。
またお会いしましょう。
 
 
FX-Jin

2015年04月10日