こんばんは、FX-Jinです。

トレードの調子はいかがでしょうか?

調子よく勝てているとしても、
なかなか勝てないとしても、

少し私のお話に、
お付き合いいただければと思います。

これは今後、あなたがトレードで勝ち続けるために
重要なことですので。

まず、トレードを始めた最初から
全勝無敗で何年間も勝ち続けているFXトレーダーは、
正直、この世の中にいないと、私は思っています。

多くのプロトレーダーは、負けを経験していますし、
その経験を経て、今は勝ち続けることができているんですね。

私も過去に2000万円の損失を出したことがありますが、
今はその過去を繰り返さないように、
トレードを行なっています。

そのように、人はとてつもなく絶望するような経験をすると、
二度と同じことを起こしたくないため、
すごく慎重になるんです。

私はこの経験があったからこそ、
トレードをするときは常にこう心掛けています。
 
 
「最悪のパターンを想定する」
 
 
私の経験からは、
2000万円の大損失は本当に最悪でした。

その最悪を繰り返さないように、
あえて「負ける」場合をしっかりと想定して
トレードをしています。

「負ける」と思ってトレードするなんて、
少しおかしな話かもしれませんが、
これをすることで、トレードで細かい注意を払うようになるんです。
 
 
・損切りを怠らない

・利益を深追いし過ぎない

・リスクが高過ぎるところでトレードしない

・エントリーと決済は根拠を求めて神経質に

・~になったらいいなと、ただの希望で相場を判断しない
 
 
などなど、あらゆるリスクを抑えるように、
細心の注意を払ったトレードができるようになっていきました。

2000万円をなくす前は根拠もなく「勝てる」と思いながら
トレードをしていましたが、

その楽観さからリスク管理をおろそかにしてしまい、
大損失につながってしまったんですね(汗)
 
 
でも、だからと言って、
あなたが最悪な経験をしなければいけない、
というわけではありませんよ。

そんな経験はしたくないものですし、
避けていただきたいと思っています。

ですので、
その経験をしてしまわないように
できるだけ私の経験をお伝えしたいと思いますし、

今からでもトレードの時は最悪の状況を想定して、
リスクに敏感になってほしいと思っています。

もちろん、それだけでは気持ちがネガティブになって
気が滅入ってしまいますので、
勝ったときのイメージも忘れないでくださいね。
 
 
今回お伝えしたいのは、

・トレードは必ず勝てるものではない

・だからこそ負けたときのこともイメージする

・そして、細かいところまで注意をしてトレードしていく

ということです。

リスクには敏感になりすぎるくらいが、
ちょうどいいと思います。

そうして大きな負けが減って、
トータルで利益をプラスにしていけますからね。
 
 
それでは、今回もお読みいただき
ありがとうございました。

良い週末を
お過ごしください。
 
 
FX-Jin

2015年04月24日