こんばんは、FX-Jinです。

本日から5月となり、
すでにゴールデンウィークを満喫されている方も
いらっしゃると思います。

明日から連休の方が
多くいらっしゃると思いますが、
あなたはいかがでしょうか?

ゴールデンウィークにゆっくりできるのでしたら、
日頃の疲れを取って、
のんびりしていただければと思います。
 
 
日本ではゴールデンウィークで
お休みが続きますが、

この大型連休は日本だけのため、
海外ではもちろん平日です。

つまり、ゴールデンウィーク中も
月~金曜日までは相場が動いているということですね。

実はゴールデンウィークのこの時期は、
ここ数年、円高になっています。

これは特に理論的な根拠がないのに、
規則的に起こる現象である「アノマリー」として
起こるものです。

ですので、
ゴールデンウィークの時期には、特に根拠がないのに
円高になりやすいとされています。

根拠のないところに乗っかって
トレードをするのはとても危険ですし、
できるだけトレードは控えたほうがいいかもしれません。

それにこの大型連休中は、市場への参加者が少なくなり、
相場が不安定になる可能性が高いですからね。

私の考えとしては、
ゴールデンウィークやクリスマス、
年末年始のような相場が安定していない時期というのは、
無理にトレードをする必要はないと思っています。

前にもお伝えしたことがありますが、
荒れた相場で取る10pipsも
安定した相場で取る10pipsも
同じ10pipsですからね。

同じ10pipsを取るのであれば、
リスクが高くて荒れた相場よりも、
リスクが少ない、安定した相場のほうがいいです。

「ゴールデンウィークの時期は円高になりやすい」
というのは、これといった根拠がなく
あくまでもその傾向があるというお話。

根拠のない曖昧な相場に飛びつくよりも、
分析をしてしっかりと根拠を持ち、
安定して利益を得ていくことが大切です。

ただ、もちろん狙える場面もあるかもしれませんし、
もしトレードをされる場合は、
いつも以上にリスクに敏感になってください。
 
 
ゴールデンウィーク中、
FXでもプライベートでも

特に事故のないよう
お過ごしください。

それでは、また来週、
お会いしましょう。
 
 
FX-Jin

2015年05月01日