こんばんは、FX-Jinです。

6月に入り、
2015年も折り返し地点に迫ってきました。

この半年のトレードを振り返ってみて、
どのような結果になりましたか?

トータルの収益がプラスになっていれば、
その調子です!

もしマイナスになっているとしたら、、、
どこか改善すべきところがあるかもしれませんね。

そこで今回は、
1つアドバイスをお伝えします。

FXトレードの大切なこととして、

「損をしたらあきらめられること」

が挙げられます。

トレードで自分の予測とは反して、
相場が逆行してしまったとき、

「また相場が戻るだろう」と期待をして、
損切りができない人が多くいらっしゃいます。

そして、
相場は逆行したままとなり、
結局は大きくマイナスになってしまうという
パターンが結構多いんですね。
 
 
「損を切る」ことができない人は、
FXトレーダーとして致命的とも言えるんです。

トレードをするときは、
エントリーから決済ポイントまで
ある程度、利益確定の目処などシナリオを立てると思います。

そして、相場がそのシナリオとは違う動きをして
シナリオからそれてしまった場合の保険が、
損切りの設定となります。
(できれば損切りも含めてシナリオを作るといいですね)

でも、その保険となる損切りがなかったら、
含み損になっただけで

冷静さがなくなって焦りが生まれ、
根拠のないトレードをしてしまい、
負けへとつながってしまいます。

FXに限らず、
投資全般に言えることですが、
冷静な判断が必要です。

負けが続いてしまうとイライラが募り、

「今度こそは勝ってやる!」

という気持ちが強まり、
相場が逆行したときでも損を切れず
含み損が増えて、強制ロスカットとなってしまうんです。
 
 
トレードは儲けることよりも、
損失を抑え、資金を守ることに意識をおくようにしましょう。

いかに損失をコントロールするかが
利益を上げ続けるためのカギとなりますので、

予測に反して相場が逆行し、
損切りになりそうだとしたら、

しっかりとその損切りを受け入れるよう、
学習と経験を積んでいってほしいと思います。
 
 
それでは、今回もここまでお読みいただき、
ありがとうございました!

来週は、動画ブログをお送りしますので、
ぜひ、お楽しみにしていてくださいね^^

それではまた来週、
お会いしましょう!
 
 
FX-Jin

2015年06月05日