こんばんは、
FX-Jinです。

ご存じの方も多いかもしれませんが、
クロスリテイリングの講師である関野さんが
開催したトレンドフォローを学習するイベント

「トレジャーハンター」が
好評の中、昨日で終了となりました。

そしてイベントに参加いただいた方に
今後のクロスリテイリングの活動について
アンケートをお願いしたところ、

たくさんのご感想・ご意見を頂きました!
本当にありがとうございます!

アンケートは私も拝見させていただいたのですが、
その中で「資産保全」について触れている方が
いらっしゃいました。

クロスリテイリングのサービスという形で、
出せるかどうかはまだわかりませんが、

FXで稼いだ後の資産運用について
どうしたらいいのか分からない、と
戸惑っている方が他にも多くいるのかなと思い、

今回は、資産保全について
少しお話させていただきます。

FXで稼ぎ、増やしたお金を安定的な長期投資に回して、
資産を保全しながら安定的に増やす。
これは投資家としての重要な姿勢です。

そして『安定』して増やしていくためには、
リスクを分散させる必要があります。

基本的に、リスク分散効果があるのは、
「通貨、金、不動産、株」の4つであると私は考えています。

「通貨」は、
ドル(基軸通貨だから)、円(日本人に必要だから)、
スイスフラン(逃避通貨だから)、シンガポールドル(通貨バスケット制だから)
にそれぞれ分散します。これらが鉄板です。

多くの専門家が、
「金利が高いオーストラリアドルなどに投資して、
低いレバレッジで運用すれば、年利15%程度で運用できます。
ほったらかし、損切りなしでOKです」などと言っていますが、

長期投資するのであれば、
インフレリスクなども計算に入れる必要があります。

高金利通貨は、その通貨価値自体が
目減りしているのだということを
投資家は知っていなければなりません。

「金(Gold)」は、
経済的にリスクのある世の中に突入した場合、
価値が守られるのはGoldです。

Goldのチャートで、落ちたところを随時拾っていきたいと思っています。
落ちたところを逆張りで拾います。
あとは長期保有が鉄則ですね。

そして「不動産」なら
海外の安いマンションタイプが理想ですし、

「株」は、
振興分野(ITなど)ではなく、
昔から連綿と続いている分野の株が理想だと考えています。

主に、この4つを用いて
リスク分散させていくことをおすすめします。

「FXにおける堅実な手法で資産を増やすこと」

「増えた資産をできるだけ安全に保全すること」

この2つは、
今の時代に最も求められる思考です。

ぜひ、参考にしてくださいね^^

次回のちょこっとコラムは、
9月18日(金)にお送りします!

動画ブログの第9回目をお届けする予定ですので
楽しみにしていてくださいね!

それでは、
また次回お会いしましょう^^

FX-Jin

2015年09月11日