FX-JIN 公式Webサイト

ちょこっとコラム

2011年8月26日号


こんにちは、FX-Jinです。
今日は、お金をかけることに対する
私の考え方をガラリと変化させたきっかけを
あなたにお話してみようと思います。

——————————————————————————–

■あなたはFXの情報はどうやって手に入れていますか?■

——————————————————————————–

あなたはFXについて
どうやって学習しているでしょうか。
簡単に多くの情報が手に入る世の中になって、
あなたはFX関係のことに限らず、
モノや情報を無料で手に入れられる機会というのが、
ずいぶんと増えているのではないでしょうか?

確かに、今では無料で手に入れた情報だけで
投資を始めることは難しいことではありません。
しかし、その無料で手に入れた情報を
本当に上手く利用できている人というのは
どれくらい存在するのでしょうか。
私が知る限り、情報は無料で手に入れたのに、
トレードでは惨敗でしたという人が
多い気がします。
いえ、実は「情報をフリー(無料)で手に入れたからこそ」負けたのかも知れません。

——————————————————————————–

■フリー(無料)のモノが私にもたらしたものとは■

——————————————————————————–

私は今でこそ、プロのトレーダーとして活動させてもらっています。
しかし、私にもトレードの素人時代があったのです。
私が素人だった時でもFXに関する情報というのは
ある程度氾濫していました。
それが有益なものかどうかに関わらず。
もちろん、私はフリー(無料)の情報を集めました。

無料のセミナーやネット上の情報、無料の情報冊子など、
とにかくフリーの情報なので
どれだけ集めても自分のお金は全く減りませんでした。
ただ、それらの情報は全くといっていいほど、
自分のFXの結果には結びつきませんでした。

いったいなぜか?

それは無料だからこそ、私はそれらの情報を真剣に検証しようとしなかったのです。
インターネットで良いサイトを見つけたら、
そのサイトをお気に入りに登録してそのまま放置。
無料の冊子は持っているだけで満足してしまい、
無料セミナーも一度参加しただけで
トレードで勝てる気になっていただけでした。

何がいけなかったのか、私は勝てるトレーダーになって
その理由がはっきりとわかりました。

それは、「フリー(無料)の情報ほど、ほとんど身に付かない」
ということです。
人というのは不思議なもので、
自分が支出(自己投資)をしないという状況になればなるほど、
努力をしなくなるのです。
私もその努力をしなくなる典型だったのですね。

——————————————————————————–

■偉大な投機家ジョージ・ソロスが言っていた投資の本質とは■

——————————————————————————–

ジョージ・ソロスをご存知でしょうか。
彼は投機家であり、哲学者としても活躍している人物です。
彼の言葉に、「ボランティア行為は人を堕落させる」というものがあります。
これを私は、「人は適度な危機感がなければ努力をしない」の意味で捉えています。
私が学生時代から好きで、今もたびたび訪れているインドでは、
現地の貧しい人々に対して、ボランティア精神から金銭や物を与える観光客も多いのですが、
その結果、彼らの勤労意欲は失われ、
自立した生活力が身につかないことも問題となっています。

無料で手に入れる側も、無料でモノを与える側も、
今一度、よく考えなくてはならないと思います。

FXも同じです。
無料の情報よりも、有料のものの方が
自らのためになることが多いのです。
価値あるものは、えてしてお金がかかるものです。
ただ、その価値あるモノを手に入れられる人こそが
そのモノを上手く利用するための自己努力をし、
さらに新たな利益を生み出すのです。
つまり、お金を自己投資として使うことができる人は
成功しやすいということですね。

——————————————————————————–

■FXで成功するための一番の近道とは■

——————————————————————————–

ただ、私が言いたいことは有料のものすべてに価値がある、
ということではありません。
もちろん詐欺まがいのモノも存在します。
しかし、フリー(無料)のものを物色するより、
有料ではありますが、価値あるモノを利用するほうが
自らの目標の達成につながるのではないか?と、私は思います。

医者にしろ、弁護士にしろ、多くのお金を稼げると言われる職種がありますが、
彼らは数年、もしかしたら10年以上も時間とお金を自己投資することで成功をつかみます。
大学費用もさることながら、書籍などにもお金をかけて学習することでしょう。

しかし、FXのトレードで成功したいと願う人は、
往々にして、
「半年で稼げるようになりたい」とか、
「あまりお金をかけずに技術を身につける方法を知りたい」
などと思いがちです。

私はFXと株の両トレード暦合計で11年です。
特にFXトレードの最初の3年は死に物狂いでした。
お金をかけた自己投資からしか学べないものは多い。
今はそう思っています。
必ずしもお金と時間をかけた方が良いというわけではありませんが、
質の高い情報を学ぶためには、それなりのお金と時間も必要になります。

私は右往左往しながら勝てる手法を体得しました。
私が学んできた情報は「恋スキャFX」や「FX革命」でお伝えしていますので、
あなたが成功するために活用してみてください。

それでは、また来週の「ちょこっとアドバイスコラム」でお会いしましょう。

FX-Jin

2011年8月26日

カテゴリー:2011年8月

2011年8月19日号


こんにちは、FX-Jinです。
最近、このコラムで何を書こうか考えるのが楽しみです。
このコラムに関する要望や感想などがありましたら、
ぜひ、メールで事務局に送ってください。
今回は相場の天才と呼ばれた人物のお話を織り交ぜながら、
トレードのお話をしていきたいと思います。

——————————————————————————–

■天才相場師リバモア■

——————————————————————————–
ここ最近、ジェリー・リバモアの本を読んでます。

稀代の相場師であり、天才的なトレードスキルを駆使し、
相場から好きなように莫大な利益を得た人物として有名です。

その一方で私生活は完全に破たんしていて、
奥さんはアル中だし、息子は母親をピストルで撃つし・・・。
しかも本人はピストル自殺をしています。

人生の幸・不幸の発生を、因果応報の中で考えがちな私たち日本人からすると、
リバモアの不幸は、トレードで得た財産と引き換えに起こったものなのかな?
と考えがちです。

しかし、私の周囲のトレーダーを見渡してみても、
特に不幸な人生を送っている人物はいません。
むしろ金銭に恵まれ、自由で豊かな生活をしているように思います。

世界的な天才トレーダーと言われる人たちも、
リバモアのような人生というよりは、
幸福な人生を送っている人が多いような気がします。

リバモアが注目されるのは、それだけ悲劇的なトレーダーが稀で、
彼が目立つからなのかも知れません。

さて今回は、私がリバモアのトレード本から学んだことを書いてみたいと思います。

——————————————————————————–

■天才リバモアのトレードスタイルとは■

——————————————————————————–

まず彼のトレード手法は、なんら特別なものではなく、
順張りのブレイクアウトでした。
相場を張れば負け無しの彼でしたが、
採用したロジックは非常に単純な構造をしています。

彼は、レジスタンスで跳ね返された後、再度レジスタンスを試し、
そのレジスタンスレートを抜けた時に、
まずは「試し買い」(もちろん「試し売り」も)をします。
この「試し買い」が実は非常に大事な行為で、
試しと言えどもエントリーすることで、相場に確実に身を置き、
真剣になることができます。
試し買いでうまく利が乗ると、
そこにピラミッディングして大きな利益を上げていきます。

FX革命の応用とあまり変わりませんね・・・(汗)。

ですが、彼はエントリーすればほぼ利益につなげていますから、
いかに相場の勢いに乗ったエントリーだけをしていたかが分かります。

彼のロジックは単純なブレイクアウトモデルですが、
そのロジックを採用する相場と採用しない相場があったわけです。

こここそが、リバモアに帰属する「相場の勢いを読む」裁量判断技術なのです。
確かに、強く動き出した相場でのみエントリーして、
勢いのあるうちに決済してしまうなら、
勝率100%も可能と感じる人もいると思います。

自分の知り合いにも勝率100%を継続しているトレーダーがいます。
彼は1年に数回しかトレードをしません。
それ以外は毎日好きなテニスをして過ごしています。
彼の両親だけでなく、彼の奥さんの両親の生活も彼のトレード利益で賄っています。

彼は、「FXで勝つことは相当簡単」だと言い切ります。

どうやっているのかというと、
毎年3回程度訪れる大相場だけをひたすら待つのです。
そのために毎日1回は相場をチェックしますが、ほぼトレードはしません。
そして、大相場が発生した時にだけその方向にエントリーして、
トレーリング・ストップとピラミッディングを使って一気に利益を上げていきます。

年間の労働日数は約10日程度ですが、
利益率は300%以上なのです。

——————————————————————————–

■リバモアと知り合いトレーダーの共通点■

——————————————————————————–

さて、彼とリバモアにはある共通点があります。
それは、「投資ルールを守る」を信条としていることです。

知り合いの彼は、何がどうであろうと大相場しか相手にしません。
これが彼のルールです。

そして、リバモアのルールのひとつは、
「予測という情報で相場を張らない」というものです。
周囲の予想がどれだけ確実性が高いものに思えたとしても、
予測からのトレードではなく、自分の判断によるトレードを信条としていました。

「○○株は必ず下落する。これは内部情報だ」。
こう言われて、その話に乗った時のリバモアは、確実に負けていたそうです。

僕の知り合いトレーダーはルールを守り続けていますが、
天才と言われたリバモアはルールを破って負けたことが何度もあった・・・。
変な話ですね。

「勝ちのルールさえ守れば、いくらでも稼げるよ」。
これは知り合いの言葉です。

自分の性格やライフスタイルに合った投資ルールの確立。
ここは誰も避けて通れないようですね。

——————————————————————————–

■トレードスタイルを築き上げるために■

——————————————————————————–

私も、今のトレード技術を確立するために、
多くの教材を購入し、参考にしてきました。

「この教材の考え方はダメだ」。
そう思う教材もありましたが、それは結局、
「その手法は取り入れない」という判断を自分にもたらしてくれました。
そう考えると、無駄と思えるものはひとつもありませんでした。

皆さんもFXの手法を多くの教材から取り入れているかと思います。
たとえ、その教材で自分の望んだスタイルを確立できなかったとしても、
それは今後の糧になることと思います。
長い目で見て、勝ち続けられるスタイルを築くのが
大切なのではないでしょうか。

FX-Jin

2011年8月19日

カテゴリー:2011年8月

2011年8月12日号


こんにちは、FX-Jinです。
私の提供している教材「恋スキャ」で
会員さんとして実際に勝ち続けている横田さんから嬉しいメールが来ました。
トレードに関する重要な内容をいただいたので、
是非皆さんにシェアさせていただこうと思います。

▼横田さんから頂いたメール
http://koisca-fx-dx.com/20110810.html

横田さんの知り合いの、
FX初心者さんもたったの1ヶ月で利益を上げ始めたとのことで、
私もとても嬉しく思っています。

——————————————————————————–

■FXで稼いだ場合の税金支払いに関して■

——————————————————————————–

さて今回のコラムでは、FXで稼いだ場合の
税金支払いについてお話していきたいと思います。
最近は恋スキャや、FX革命の会員さんの中に
毎月50万円以上稼いでいる人も増えてきたので、
FXで稼いだ場合の税金対策や、賢い節税方法などお伝えしますね。

これまで、FXで稼いだお金にかかる税金は、
利益額が大きくなればなるほど、
かなりの額になっていました。

例えば年間で1800万円以上の利益をFXで稼いでいる人は
なんと最大で50%もの税金をとられてしまっていたのです。
さすがに50%も取られてしまうのは、
税金とはいえ悲しいですよね・・・。

▼FXの課税早見表(参考サイト)

http://han-rei.com/zeikin-fx.html

ただそんな中でも「くりっく365」と「大証FX」という2つのFXでは、
課税率を一律20%としていました。
このように、同じFXでありながらも
税制に格差があることが問題となっていたのです。

——————————————————————————–

■国内ではどうやって節税すればいいのか■

——————————————————————————–

そもそもFXで税金がかかるのは年間利益が20万円を越えた場合です。
この「20万円」というのは、
仮に2011年1月1日~2011年12月31日のトレードであれば、そ
の中での最終的な損益の値です。

ですから2011年3月に120万円の利益が出て、
2011年11月に110万円の損失が出た場合、
最終的な損益は10万円ですので、
FXで得た利益には税金はかかりません。

逆に、2011年3月に損失100万円を出してしまっても、
2011年11月に150万円の利益が出た場合は、
損益は50万円ですので、
50万円に対して税金がかかってしまいます。

では、仮に20万円越えてしまい、
稼ぎすぎて税金でどれくらい持っていかれるのか?
そして、どのように節税すれば良いのかを
『3つの節税方法』として紹介します。

————————————–
■FXの節税方法【1つ目】■
————————————–

節税方法の1つ目は、課税率の低い証券会社を使うことです。
有名なところといえば「くりっく365」ですね。
税率が一律20%となっています。

また「くりっく365」では
「損失繰越」と「損益通算」といった有効な手段を利用できます。

「損失繰越」は例えば”今年損失で終わってしまった場合”に
それを確定申告で申し出れば、”翌年の利益分から
前年の損失分を差し引いてくれる”システムです。

「損益通算」は例えばくりっく365でFXと株取引をやっていた場合に、
“FXでは100万円の利益”だったけど”株取引では90万円の損失だった”場合などに、
それを合算して10万円の損益だったと申告することができるシステムです。
これは3年以内なら有効です。

これらの有効な手段は「くりっく365」や「大証FX」などでしか現在は認められていません。

※「くりっく365」や「大証FX」での取引を”取引所取引”という一方、
 それ以外の業者での取引を”店頭取引”といいます

————————————–
■FXの節税方法【2つ目】■
————————————–

上記のようなシステムのほかにも、
自分でFXの利益を申告する際に、
FXでトレードをするためにかかった経費などを申告することで
“FXの利益 – 経費”から税引きされるという状態にできます。

しかし、30万円の利益が出て、
経費も30万円かかったから申告しなくてもよい
というわけではなく、
利益、経費の両方を申告して、
その両方のつながりが認められて初めて、
利益 – 経費がFXにおける利益だと認められます。
取引での利益が20万円を越える場合は必ず申告が必要です。
書籍やインターネット料金も経費として申告できますし、
セミナー代や、そこにたどり着くまでの交通費なども経費として申告可能です。
また必要経費の領収書は保管しておく必要があります。

確定申告の時期になると、「ZAI」などでも
特集が組まれているので、読んでみると良いと思います。

————————————–
■FXの節税方法【3つ目】■
————————————–

最後は、”法人化”してトレードを行うということです。
これは少し大掛かりな気がしてしまいますが、
かなり稼いでいる人は
法人としてトレードして、節税しましょう。
株式会社なら、1人から設立できます。
ただし、個人での申告よりも少し複雑になるので、
顧問税理士などに相談したり依頼すると良いと思います。
ただ、法人成りしたとしても、青色申告ではなく白色申告を選択していれば、
会計処理は素人でも問題なくできると思います。

——————————————————————————–

■海外口座での所得は課税されないのか?■

——————————————————————————–

海外証券口座などを利用しているなら
日本からは課税されないのではないか?と考える人も多いのですが、
もちろん課税対象となります。

海外の証券口座での運用による年末利益合計に課税されますから、
日本国内での課税と変わりありません。

ただ、海外口座を使ったFXではいろいろな節税対策が可能です。
デリケートな問題なので、ここで詳細に触れることは難しいのが残念ですが、
知っている人は大幅な節税対策を講じているのは事実です。

——————————————————————————–

■税率最大50%は今年まで■

——————————————————————————–

先ほど、日本では
くりっく365などでの取引所取引意外でのトレードでは
少し税率が高いということをお伝えしました。
しかし、税の不公平感をなくすために
2012年から一律20%に変更軽減される方向に進んでいるようです。

※このコラム配信後、一律20%課税に決定していることが分かりました。

その内容とは、「くりっく365」や「大証FX」でなくとも
税率が一律20%に変更されるということに加え、
先ほどの「損失繰越」と「損益通算」のシステムを
他の証券会社でも利用できるようになるということです。

このような税制変更は私達個人トレーダーにとっては
非常に嬉しい改善といえますね。
ただし、まだその方向に進んでいるというだけで、
本決まりではないようです。

このような不確定要素に頼るのは現実的ではないので、
今出来る対策をしっかりと取っておきましょう。

「今はそんなにFXで稼いでないし、
税金対策なんてしなくてもいいでしょ」と思っている方も
FXで稼げるようになれば身近な問題になってきます。

このメールを最後まで読み、真剣にFXを学んでいるあなたなら
今後、なおさら利益が上がる可能性があります。
今のうちに知識だけでも増やしておき、
いざという時に慌てないようにしておきましょう。

それでは、また次回お会いしましょう。

FX-Jin

2011年8月12日

カテゴリー:2011年8月

2011年8月5日号


こんにちは、FX-Jinです。
こうしてパソコンに向かっている時に、
セミの鳴き声が聞こえてくると夏の風情を感じますね。
ただあまりにうるさいのはちょっと閉口しますが・・・。
BGMくらいに聞こえるのが一番ですね。

——————————————————————————–

◆7月30日(土)に無料ワークショップが開かれました◆

——————————————————————————–

さて、先月の7月30日に無料ワークショップを開きました。
参加された方は休日の土曜日に足を運んでいただきまして、
本当にありがとうございました。
中には遠方、そして海外から参加された方もいらっしゃいました。

私自身も会員の方と実際に触れ合う機会があることは、
とてもうれしいです。
ただ、恋スキャの会員様の数がとても増えてきたため、
今回も、ワークショップ参加希望者枠は、ほぼ1日で埋まってしまっていました。
そのため、参加できなかった方も多く、次回は今より広い会場を探しています。

そして、今回のセミナーの内容には、前置きが長いとの声も頂きましたので、
今後は内容の構成をさらに練り直そうと思いました。

今回は無料ワークショップの後で、
立食パーティを行ったのですが、
(最初から最後まで立食ではなく、座りながらになりましたが…)
食事をしながら、会員様と会話をしていると、
恋スキャ会員様で勝てるようになった方も
増えてきたように思えました。

恋スキャロジックで毎月資金を倍にするペースでトレード中の関野さん
(恋スキャDXの対談動画内に出演されています)
も今回のワークショップに参加してくださっており、
みなさんに囲まれていました(汗)。

恋スキャで勝てるようになったという声はこちらとしても、
「恋スキャを伝え始めてよかった」と励みになります。
また、そういう声を聞いていると勝っている方に共通点がある、
ということもわかりました。

——————————————————————————–

◆恋スキャで勝っている人の共通点とは?◆

——————————————————————————–

恋スキャで勝っている人の共通点。
それは『ちょっとしたコツをつかんだ』ということです。
つまり裁量判断に慣れてきたということでしょうか。
そのちょっとしたコツを掴むと、
ほとんど思った通りに相場が動くようになったということです。

ちょっとしたコツというのは人によって違うのですが、
コツを掴んだ人は恋スキャロジックを
使いこなせるようになってきているみたいです。

「恋スキャを使い始めた頃は負けてたけど、
ちょっと裁量を入れるようになってからはほとんど負けません」
こんな声を毎回のワークショップで聞きます。

これは、ある会員様のコツですが、
『エントリーする前に一拍置く』
ということでした。
これは落ち着いて相場を見直すことにもつながるので、
確かに勝率を上げるためには、有効なコツの一つだと思いました。

つまりその会員さんは、
これまでエントリーのタイミングが少しだけ早すぎたということだったのです。
それが負け癖につながっていたということです。

その負け癖はその人によって違うと思います。
ある人はエントリータイミングが遅すぎるのかも知れませんし、
ある人はトレードしている通貨ペアがポンド円だったりして、
その動きが自分の性格に合ってないことで負けているのかも知れません。

事実、そういう会員さんもいらっしゃって、
ポンド円からドル円に転向してからは勝率9割を維持しているそうです。

——————————————————————————–

◆会員様みんなにこのコツを掴んで利益を上げてほしい◆

——————————————————————————–

それで、勝てるようになった人のコツを
会員様みんなで共有することができれば、
恋スキャロジックを完璧に使いこなせる人が
もっと増えるのではないかと思いました。

もちろん、そのコツを信じて絶対にエントリーする
ということではなく、トレードの一助とする目的としてです。

人によって、他人のコツが有効な場合もあり、
逆に無用な場合もあるでしょう。

しかし、ご自身に合ったこのちょっとした裁量のコツを掴むだけで、
相場で一生稼ぎ続けることも可能となってきます。
そのためには日頃の学習や、
情報収集はある程度必要になってくるかも知れませんが、
一度習得してしまえば、生涯にわたって利益をもたらしてくれます。

難しく考える必要はありません。
1日10分相場を眺めるだけでも構いませんので、
まずは、出来ることから徐々に始めていきましょう。
今後も恋スキャのメルマガや、定期配信などで会員様には勝っている方のコツを
少しずつでも紹介してできればと思います。

今回は恋スキャのお話になりましたが、
このコラムは私の教材ご購入者様全般に向けて配信されています。
トレードで利益を上げ続ける自分を作るという意味においては、
どんな教材・ロジックも同じです。

会員様同士で力をあわせて
勝てるトレーダーを目指していきましょう。

自分は今、数ヶ月前までの資金200万を毎月倍にするトレードから、
資金400万を毎月倍にするトレードへと転向しました。
最初は月の利益率が落ちましたが、
今は安定して月に400万を稼がせてもらっています。

抽象的になりますが、私が勝ち続けられているのは、
ある意味、巷で言われることと逆をやっているからだと思います。

たとえば、証券会社のディーラーは毎日数十回トレードしますが、
私は数回しかトレードしません。
トレード回数を減らしてからは、無駄なエントリーが無くなり、
ほぼ毎日プラストレードで終えられるようになりました。

これはほんの一例ですが、巷で言われることの逆にこそ、
真実があるように思いますし、
それをつかむことで毎日充実したトレードを継続できています。

そんなちょっとしたコツを、これからもお伝えしてまいります。

それでは、また次回お会いしましょう。

FX-Jin

2011年8月5日

カテゴリー:2011年8月

プロフィール

FX-JIN

こんにちは。プロトレーダーのFX-Jinと申します。

FXのスキャルピングで生計をたてているプロトレーダーです。

株トレードを3年、FXトレードを8年、合計11年間の投資経験があります。

FX口座にある400万円ほどを、毎月倍にして利益を得ています。

年間では3000万~4000万円の利益を上げています。

詳しいプロフィールはこちらから

コラムバックナンバー

【2014/11/20 重要なお知らせ】

現在、弊社の配信システムにて配信されるメールがエキサイトメール(●●●●@excite.co.jp)の場合
正常に届かないという不具合が発生しております。


そのため、エキサイトメールをご利用の方は今後、更新のお知らせやセミナーのお知らせなど、
重要なメールが一切届かない可能性もございます。


引き続き弊社からのメールを受信するためにはお手数をお掛けしますが、エキサイトメール以外へ
アドレスの変更をお願い致します。


下記より、メールアドレスの変更申請を行うことが出来ます。

http://forms.mail-box.ne.jp/cross/adress_change/

新規でメールアドレス取得が必要な方は
下記よりフリーメールアドレスを取得してください。


▼Yahooメール
http://promo.mail.yahoo.co.jp/


▼Gメール
https://accounts.google.com/SignUp



下記はフリーメール取得の
マニュアルサイトとなっております。
どうぞ、ご参考ください。


▼Yahooメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2090.html


▼Gメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2150.html



ご不明点や、疑問点がございましたら、いつでも下記までご連絡ください。

(※件名に「エキサイトメールの変更に関して」とお書きください)
info@fx-jin.jp