FX-JIN 公式Webサイト

ちょこっとコラム

相場の春夏秋冬


こんにちは、FX-Jinです。

先週お伝えさせていただきました、
8月は円高・ドル安になりやすいというお話、
お読みいただけたでしょうか?

まだまだ8月に入ったばかりですし、
今月トレードをするにあたっての、
1つの判断材料にしていただければと思います^^
 
 
当たり前ですけれど、
時が経てば8月も過ぎ、

9月・・・

10月・・・

11月・・・

と、

月日が移り替わります。

そして、
その月ごとの相場の特徴もあり、
先週の金曜日のメールでも、
 
 
「1年を通した相場の動きを把握すれば、
トレードを有利に運べる」
 
 
と、お話しさせていただきましたね。
 
 
そこで、
今回は月ごとの相場の特徴を、
一挙ご紹介します!

1年を通してとなりますので、
1月から12月まで、
簡単にまとめてお送りします。
 
 
◆月別相場特徴◆
 
 
【1月】

・株式市場では“1月効果”という言葉があり、
1月に株価が上昇しやすいことを指します。

なぜそうなるかについては、
色々な仮説が立てられていますが、
まだ確証たるものはないそうです。

そしてこの“1月効果”は為替市場にもあります。

他の月よりもドル高・円安になりやすい月というのが、
過去データで算出されているとのことです。

やはりなぜそうなのかは、
はっきり分かっていないのですが・・・、

1月はドル高・円安になりやすいと
覚えておくといいでしょう。
 
 
【2~3月】

・この時期は、
円買いの注文が増えます。

日本企業の多くが3月末に決算を迎えるため、
海外の資金を円に戻す作業を行なうからですね。

また、2月には米国債の利払いがあり、
ドルで払われた利息を、
円に換える動きが増えます。

そのため、
2月、3月は円高になる傾向が強いと言えます。
 
 
【4~7月】

・決済が終わり新規の取引を始めるため、
日本企業によるドル買いが多くなります。

年度末を終えて新たな年度に入り、
投機筋などからの投資も活発に入ってくることでも、
ドル買いの傾向が強まります。

5月には米国債の利払いもあり、
ゴールデンウィークの前から中ごろにかけては、
円高に進むことが多くありますが、

連休が終わってからは円安へ戻り、
6月ごろもその影響は続く傾向が強いようです。

さらに7月も円安になりやすく、
過去、7月は8割の確率で円安になっています。
 
 
【8月】

・前回お話ししたことの繰り返しとなってしまいますが、
8月は円高になる確率がとても高いです。

米国債の利払いがキッカケのひとつとなり、
その流れに乗って多くのトレーダーが、
ドル売り・円買いをしていきます。

過去の8月の統計によると、
7月と打って変わって8割の確率で円高になっています。

ただ、日本ではお盆休み、
海外でも夏季休暇などから、
取引量自体は少し落ち込む時期です。

そのため、
動きが少なめの展開になることもあるでしょう。
 
 
【9月~10月】

・8月の流れを受けて、
どちらかというと円高になりやすい傾向があります。

また、9月に決算する日本企業もあるため、
海外の資金を円に戻す作業が影響して、
円高の傾向があるとも言えるでしょう。

ただこの時期は、
突発的な事件や出来事が多いと言えます。

ニューヨーク株式市場が大暴落した、
1987年の「ブラックマンデー」が起こったのは10月です。

2001年に起きたアメリカの同時多発テロ、
「9・11」も9月でした。

世界的な出来事が起きやすい時期なのでしょうか・・・。
今後も世界に何が起こるかは分かりません。

急激な相場変動に対応できるよう、
そして耐えられるだけのリスクコントロールを
普段以上に意識されると良いでしょう。
 
 
【11月】

・12月に欧米の企業の決算が多いため、
11月ごろから海外の資金を自国に戻す作業が多くなります。

8月から続いていた円高への動きは鈍り、
円安へ向かいやすくなっていく傾向が強いです。

また、アメリカでは感謝祭(サンクスギビングデイ)があり、
この感謝祭を契機にして相場は落ち着きを見せます。

アメリカ人にとって非常に重要な祝日でして、
ニューヨーク市場はお休みです。

そのため、特別大きな動きを見せることは、
そう多くはないでしょう。
 
 
【12月】

・欧米企業の決算の時期です。

この時期は欧州企業のドル売り、
自国の通貨買いの動きが見られます。

ただ、欧米ではクリスマス休暇でもあり、
取引量自体が激減し、
8月よりも動きが少なくなる傾向にあります。

決済を控えているため、
大規模な損益が動くことを避け、
取引自体を控えているんですね。
 
 
 
さて、いかがでしたでしょうか?
1年を通しての相場変動の特徴をお伝えさせていただきました。
 
 
ただ、こちらはあくまでも一部の特徴です。

他にも影響するものはありますし、
この特徴は「傾向」なので、
必ずこのような動きをするわけではありません。

前回と同じように、
トレードをするにあたっての
ひとつの判断材料にしていただければと思います^^
 
 
テクニカル分析を主体としていても、
ファンダメンタルズを全く無視することはできません。

逆に、
ファンダメンタルズ分析を主体としていても、
テクニカル分析を全くしないこともできないんです。

私はテクニカル分析を主体としていますが、
ファンダメンタルズ分析ももちろん加味しています。

世界的な指標発表があったときなどには、
リスク管理のためトレードを休んだりもしますし、
テクニカル分析だけでは分からない部分を
ファンダメンタルズ分析で補うことができるんです。

ですので、両方を程よく使っていくことで、
勝てるトレードをしていけると言えます。
 
 
トレードをする際に、
今回の月別相場特徴が役立てば幸いです^^

今度は曜日別や日にち別の相場の特徴について、
お話しようかなと計画立てています(笑)
 
 
それでは、
今回もここまでお読みいただき
ありがとうございました。

素敵な週末をお過ごしください^^

またお会いしましょう!
 
 
 
FX-Jin

2014年8月7日

カテゴリー:2014年8月

8月は円高?円安?


こんばんは、FX-Jinです。

今日から8月に入り、
暑くなってきましたね。

でも、梅雨時期に比べて湿気がなくなってきましたし、
カラッとした天気の日は過ごしやすいとも言えます^^

暑さに負けず、
再び体調を崩さないように注意しないとですね(汗)
 
 
そして8月に入ったことで、
お話ししたいことがあります。

それは、、、
 
 
円高・円安についてです。
 
 
8月は円高か円安、
どちらになりやすいと思いますか?
 
 
・・・実は、8月は円高になる可能性が高いんです。
 
 
その理由もあるので、
順を追ってご説明させていただきます。

まず、相場の変動は色々な要因が重なって起こります。

投機筋による売買や、
国の金利の上げ下げなど。

それらが重なって、
最終的に国に反映されます。
 
 
そんな中、
高確率で円高になりやすいのが8月なんです。

8月のドル円は7~8割の高い確率で、
円高ドル安となっています。

統計も出ており、
2000年~2009年の10年間は、
8回が円高、2回が円安だったんです。

それほどこの時期は、
相場の変動がパターン化されていると言えます。
 
 
そうなると、
 
 
“なぜ8月は円高になりやすいか?”
 
 
という疑問が残りますよね。
それにはこんな理由があります。
 
 
 
まず毎年8月の中旬に、
米国債の利払いが行なわれます。

日本は米国債を保有していますので、
米国側がその利子を日本に支払う際、
円に両替するために
ドル売りが大量に行なわれ、
円買いが起こるんです。
 
 
・・・しかし、一概に利払いのみが
円高の原因とは言えません。

と言いますのも、
米国債の利払い自体は、
相場にそこまで大きな影響を
与えているわけではないのです。
 
 
日本経済新聞では、
昨年、日本の米国債の保有額が、
過去最高になったと報じられました。

その額は1兆1354億ドル(約112兆円)です。

年2回の利払いと仮定して、
利息は約2%とすると・・・、
約230億ドル分の円買い需要が発生する計算になります。
 
 
一方、ドル円の1日の取引金額は、
約6000億ドルと推計されているデータもあります。

参考ページ(外部サイト)
http://www.at-fx.jp/page/volume.html


これを月単位に単純計算をすると、、、
 
 
▼6000億ドル(1日当たりの取引金額)×20日(平日の日数)=12兆ドル
 
 
つまり月間で約12兆ドルの売買がされている計算となります。

(もちろん、12兆ドルというのは、売買総額であり、
 そのまま12兆ドルのお金が一度に動いているわけではありません。
 たとえば、12億ドルが10000回取引されれば、総額12兆ドルです。)
 
 
これに対し、米国の国際の利払いにより生まれた
約230億ドルの円高圧力は、
実は相場を大幅に動かすほどたいしたものじゃないんです。

つまり、円高になる理由が、
米国債の利払いだけにあるわけではない、
そう言えます。
 
 
“では、なぜ8月は円高になりやすいか?”
 
 
この疑問が再び浮かんでくると思います。

利払い自体が大きく影響しているわけではありませんが、
実際に過去の8月は8割の確率で円高になっています。
 
 
実は、米国債の利払いは、
あくまでもキッカケのひとつ。
 
 
利払いが行なわれることで、
その流れに乗って、
数多くのトレーダーがドル売り・円買いをするんです。

そして、その流れに一気に乗って短期売買が行なわれるため、
8月は高確率で円高ドル安になりやすいという話もあります。
 
 
このように、利払いなどをキッカケに、
多くのトレーダーが動くなど、
相場は様々な理由が重なって変動しています。

ちょうど8月を迎えたばかりですし、
この時期の相場の変動、
そしてその理由を覚えておいて損はありません^^

もちろん、この円高ドル安になりやすいのは
投機筋の影響もありますし、その他の影響もあります。
 
 
ただ、確かに相場は、
「上がる」か「下がる」という、
とてもシンプルなものです。

でも、
何も情報を持たずに、
ただなんとなくトレードをするのではなく、
 
 
「なぜ上がるか?」
 
 
「なぜ下がるか?」
 
 
という理由を知っていることで、
トレードをする上での大切な判断材料になります^^
 
 
ただ、お気をつけいただきたいのは、
あくまでも確率、傾向のお話ということです。

円高ドル安になる傾向が強いということであり、
必ずしもそうなるというわけではありません。

あなたがトレードをする上での、
一つの情報としてご活用いただければと思っています^^
 
 
また、
いつでもどこでもできるFXだからこそ、
1年間の相場の大きな動きを把握すれば、
有利にトレードを進められるでしょう。

8月だけではなく、1年間を通して、
その月ごとの相場の特徴についても、
またの機会にお話させていただければと思います!

ぜひお楽しみに^^
 
 
今週もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

それでは、
また次回お会いしましょう。
 
 
 
FX-Jin

2014年7月31日

カテゴリー:2014年8月

プロフィール

FX-JIN

こんにちは。プロトレーダーのFX-Jinと申します。

FXのスキャルピングで生計をたてているプロトレーダーです。

株トレードを3年、FXトレードを8年、合計11年間の投資経験があります。

FX口座にある400万円ほどを、毎月倍にして利益を得ています。

年間では3000万~4000万円の利益を上げています。

詳しいプロフィールはこちらから

コラムバックナンバー

【2014/11/20 重要なお知らせ】

現在、弊社の配信システムにて配信されるメールがエキサイトメール(●●●●@excite.co.jp)の場合
正常に届かないという不具合が発生しております。


そのため、エキサイトメールをご利用の方は今後、更新のお知らせやセミナーのお知らせなど、
重要なメールが一切届かない可能性もございます。


引き続き弊社からのメールを受信するためにはお手数をお掛けしますが、エキサイトメール以外へ
アドレスの変更をお願い致します。


下記より、メールアドレスの変更申請を行うことが出来ます。

http://forms.mail-box.ne.jp/cross/adress_change/

新規でメールアドレス取得が必要な方は
下記よりフリーメールアドレスを取得してください。


▼Yahooメール
http://promo.mail.yahoo.co.jp/


▼Gメール
https://accounts.google.com/SignUp



下記はフリーメール取得の
マニュアルサイトとなっております。
どうぞ、ご参考ください。


▼Yahooメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2090.html


▼Gメール取得マニュアル(外部サイト)
http://sonoyama.org/2150.html



ご不明点や、疑問点がございましたら、いつでも下記までご連絡ください。

(※件名に「エキサイトメールの変更に関して」とお書きください)
info@fx-jin.jp